ありのまま、自然に

アクセスカウンタ

zoom RSS 冬空に巨大な紙風船が上がる 秋田上桧木内

<<   作成日時 : 2018/02/12 18:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

画像

  宮古の従兄弟の東北便りです。秋田の上桧木内の紙風船上げを見物に行ってきたそうです。武者絵や美人画が描かれ、灯火をつけた巨大な紙風船が、真冬の夜空に舞う年中行事なそうです。従兄弟曰く、天候悪化により本来の迫力には及びませんでしたが、面白いお祭りでした。雪、雨が降ると風船の材質が和紙のため、温風を充填中に水を吸って紙が破れ打ち上げ不能になります。天気にはかないません。せっかく準備をしたのに気の毒でした。でも飲兵衛親父は紙風船を飛ばす行事があるとは知りませんでした。東北は昔ながらの祭りが伝承されているのですね。    
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
冬空に巨大な紙風船が上がる 秋田上桧木内 ありのまま、自然に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる