アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「料理」のブログ記事

みんなの「料理」ブログ


銀座「天龍」、でかい餃子で酷暑ぶっ飛ばしです!!!

2010/09/04 22:32
画像

 連日の酷暑です。先日、愚息たちと銀座で一杯飲もうということで帰りに銀座まで。こちとら、フレンチもイタリアンもトレンディーもあまり好まないし、そんなとこで飲んだらお金がいくらあっても足りない。B級グルメで良いかと確認したらOKなので、「天龍」で決まりです。 銀座「天龍」は、でかい餃子で有名ですが、これは私が大学の頃から(もっと前から店はあるのでしょうが)のことで、40年くらい前は、「天龍」の店名の由来となったオーナーの元お相撲さん天龍さんがお店にいるのを見たことがありました。 最近は、行列が出来ていてなかなか入ることが出来なかったのですが、今回はラッキーです。行列なしで、すんなり入れました。変わらない「馬鹿デカ餃子」の登場です。大きさを見ただけで、夏バテはすっ飛びますね。 カラシたっぷりで、次はラー油たっぷりで、でかい餃子をほおばったら、元気一杯になりました。酷暑ぶっ飛ばし出来ました。このほかに、海老チリ、五目焼きそばなど、食べ切れませんでした。ぬる燗の「紹興酒」も美味しく、暑いときに暑い料理を食べ、暑いお酒を飲む、これまた良しと一人悦に・・・。下の写真は例の「−2℃のスーパードライ」の店、当日も行列が出来ていましたが、私たちは「天龍」で正解でした!!!
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今年初物、「生さんま」は、やはり「ワタ」が最高でした!!!

2010/08/30 21:06
画像

 地球温暖化による異常気象、異常海流で、今年は「秋刀魚」が不漁というニュース。三陸沖では、暖流域に住む魚が獲れているらしいです。 先日我が故郷「宮古」に初水揚げされた二十トンの「秋刀魚」が全国版のニュースになるのですから異常です。 そのせいか御徒町「吉池」には、まだ「宮古」ブランドは出ていないですが、北海道産「生秋刀魚」300円/匹以上ででています。 「秋刀魚」大好きの飲んべえ親爺は、やはり1匹100円以下にならないと食べないぞと覚悟を決めていました。 (宮古ブランド大型秋刀魚は例年「吉池」でも7〜800円/匹以上する事があるから手が出ませんが・・・。) 近くの、お魚が豊富なスーパーに行ったら、なんと北海道産ですが「生秋刀魚」が九十八円/匹の特売です。もうたまらず家人にねだって購入です。さあ、丸ごと塩焼きにしてもらって、最初に狙うのはお腹ですね。ちょっと苦み走って脂が乗っていて、これぞ「秋刀魚」です。当然身も脂が乗っていて大根おろしで食べたら、キンキンに冷やしたお酒がどんどん進みました。 来月9月5日(日)は「目黒のさんま祭り」です。毎年わが故郷宮古市が新鮮な「生さんま」6,000匹を無償提供しています。今年はこんなに不漁だからどうしたものか、宮古の親戚に電話しました。親戚いわく、宮古市長さんが宮古の意地にかけて6,000匹の「生さんま」は提供すると言っているらしいとのこと。さすが我が故郷「宮古」の意地。東京人は早朝から宮古の「生さんま」の味を求めて「目黒のさんま祭り」に集まってきます。私も様子を見に行きますが、「宮古の生さんま」は東京人に譲ることにします。宮古に居た小さい頃、一生分食べていますから。とは言いながら「本当は食べたい宮古の生さんま」の塩焼きと刺身です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


酷暑の秋葉原、汁無し「刀削麺」がグッド!!!

2010/08/22 16:01
画像

  酷暑の中、性懲りもなく出歩き好きの爺は、秋葉原まで出かけました。名目は、「LED電球」の安い物を探すと言うことです。「LED電球」よりも爺の狙いは、昼飯です。いつも日本蕎麦が定番で、それはそれで健康にも良いし、コストパフォーマンスも良いしなのですが、たまには、ちょっと変わった物が食べたいと言うわけです。 前お世話になった会社が一時神田明神の側にあり、一度だけアキバよりの外神田のお店で食べた事のある逸品、「刀削麺」です。酷暑の中で食べるなら「刀削麺」と決めつけて、秋葉原から外神田方面に暑い中を歩きました。以前入ったお店はちゃんとありました。 「刀削麺」専門店です。大きな煮立った鍋めがけて、職人さんが熟成させた麺玉を肩に担ぎ中華包丁で勢いよく削り投げ入れる、「刀削麺」の専門店ならではの技ですね。 私の地元の佐倉の中華屋さんでも「刀削麺」の表示はあるのすが、専門店では無いので入る気がしません。アキバの「刀削麺」専門店は「唐屋」さんでした。今回は「汁なし刀削麺」にしました。(680円) もっちもちの刀削麺に、ラー油たっぷりの挽肉のソースがかかっていて、酷暑の中で食べるならこれだ!と口の中も、顔も汗だくで、たいらげてしまいました。私の故郷岩手では「じゃじゃ麺」が有名ですが、「じゃじゃ麺」は辛味噌仕立て。「刀削麺」はラー油仕立て、でもルーツは一緒かも知れませんね。「唐屋」さんでも、汁なし「刀削麺」を食べた後、生卵とスープを注いで提供すれば大ヒットするかも。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


激安ちび「きんき」煮付けが最高!!!

2010/08/21 16:12
画像

  いつも行くスーパーでのお買い得品、小さいけど正真正銘の「きんき」が8匹ワンパックで、なんと228円でした。 「きんき」は20センチ以上の大きいものだと1匹数千円もしてしまうので、到底我が家では手が出ない領域。 小さな「きんき」でも脂の乗りや味は大きいのに負けていません。今回は豪勢に、「きんき」の煮付けです。こんな小さな「きんき」でも、煮汁は「煮こごり」になります。小さな「きんき」をしゃぶり食べ、そのあとは「煮こごり」をご飯にかける贅沢をさせていただきます。食い気が先に走ってますけど、こんなちっちゃな「きんき」まで捕ってしまって「きんき」が枯渇してしまわないか心配ですね。でも捨てられてしまうよりは、美味しくいただいた方が良いと言い訳しながらいただきます。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「泥鰌」の串焼き!!とは、佐原らしいですね、家人のおみやげ

2010/08/15 17:31
画像

  私が、門前仲町に出かけているとき、家人とマクロビアンは下総神崎の「寺田本家」の「お蔵コンサート」に出かけていました。誘われていたのですが、門前仲町の方が魅力的だったので別行動。 家人とマクロビアンが、寺田本家の「日本酒」と「おつまみ」を、おみやげに帰ってきました。「おつまみ」は、下総神崎の近くの佐原佃煮でした。佐原はあの伊能忠敬の生まれたところで、今でも当時の町並みを保存していることで有名です。水郷や利根川がすぐなので、川魚の佃煮が有名。 家人たちが持ち帰った串焼き佃煮を見て感激したのは、なんと「泥鰌」の串焼きです。(写真中央) 「泥鰌」の串焼きには、初遭遇です。開いた「泥鰌」を使っていました。早速「寺田本家」の天然醸造のお酒のおつまみとして美味しくいただきました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


本場の「深川めし」は長い列・・・!

2010/08/15 08:18
画像

  この間、東北新幹線「はやて」の車中で美味しくいただいた駅弁「深川めし」。 「深川八幡」の大祭にでかけたのは、本物の「深川めし」を食べてみたいという下心もあったからです。お目当ては、「深川八幡」境内にある「深川宿」さんです。鳥居をくぐって左手になにやら行列が出来ている。やはり「深川宿」さんでした。粋なのれんの掛かった小料理屋風のお店。表に出ていたお店の人に聞いたら、大分待たなければいけないとの事。猛暑の中、年寄り?が並ぶのはきついなあと思い、残念ながら本場の「深川めし」は先送りです。本場「深川めし」の詳細をご紹介出来ず申し訳ありません。でも食事代として家人から恵んでもらったお小遣いは、後で紹介する「おだんご」と「鮑のトシル」に変身しました。無駄遣いはしませんでした。
画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


宮古・道の駅「なあど」、今の旬は、どこにも売っていない「セーダカレイ」?!

2010/08/14 06:26
画像

  (7月末宮古に帰省したときの話し)我が故郷宮古でしか手に入らない貴重な食材。弟に案内された、宮古・道の駅「なあど」で発見しました。道の駅「なあど」(「ご機嫌いかが?」を宮古弁でいうと「なあど」となります)は、宮古漁港の魚市場に隣接しており、宮古湾を一望できます。 「閉伊川」が宮古湾に注ぎ込んだちょっと先にあり、岸壁では釣りをしている人たちもちらほら。小さい頃、手作りの釣り竿でミミズを餌に「鯖」を釣ったことがありました。そんな自然環境は今も変わらず残っているようなので、安心しました。 宮古でしか入手出来ない貴重な食材とは「セーダカレイ」です。 カレイの肌がサメの肌よりもざらざらしていて、多分別名では「サメカレイ」と呼ばれているのかも知れませんが定かではありません。 宮古の魚菜市場に行けば、この「セーダカレイ」の干物(丸ごと大きいですよ)が買えます。脂が乗っていて、縁側までしゃぶって残らず食べてしまうほどの美味しさですよ。 道の駅「なあど」で発見したのは、干物になる前の半生の切り身のパック。(写真中央)いやー煮付けで食べたら最高だろうと涎が出そう! でもクーラーバックも無いし、これから叔父に会って、その後施設に入っている「お袋」や「叔母」を見舞いに行かなければいけないしというわけで、購入は断念。 家人は「宮古の塩」の小袋を買っていました。(正真正銘美味しい塩ですが、ちょっと高価。でもお塩をつけて食べるんだったら、よその塩には負けないと思います。) 宮古に住んでいると多分「セーダカレイ」も日常的なのでしょうね。うらやましい限りです。いつまでも自然と食材に恵まれた宮古であってほしいものです。(下は「なあど」から宮古湾を見る、左の山は月山)
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


南部蕎麦、やはり「もり蕎麦」と「掛け蕎麦」が一番ですね

2010/08/08 16:49
盛岡(その6)
画像

 岩山、渋民村、岩手山とまわったあとは、弟の推奨する「南部手打ち蕎麦」屋さんへ。たしか大分前にやはり弟が連れてきてくれたお店です。 「そば真」という小さなお店です。打った蕎麦がなくなったら閉店ということ。蕎麦好きの私は、迷わず贅沢に、「もり蕎麦」と「かけ蕎麦」です。美味しいお蕎麦なら、この組み合わせが一番でしょう。蕎麦の香りが口中に広がり、喉越しも良く、あっという間に完食でした。こんな美味しい蕎麦が食べられる盛岡の人は幸せですね。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


駅弁「深川めし」、江戸前ハゼと穴子に飲んべえはニコリ

2010/08/07 23:12
お見舞い旅行(その1)
画像

 先週の話しです。故郷宮古の特養に入っている、母及び叔母をお見舞いするため、朝一の東北新幹線「はやて」で盛岡に向けて出発(山田線に乗り換える)。 こんな時の朝食はコンビニおにぎりが普通なのですが、家人も一緒なので、大奮発の「駅弁」です。家人は健康的な「30品目バランス弁当」、私は「深川めし」です。宮古に着くのは昼頃だから大丈夫?と勝手な理由を付けて冷えたワンカップも購入。朝から酒盛り?開始。 「深川めし」はふたを開けたら思わず笑みが・・。大きな「江戸前ハゼの甘露煮」が2匹と、「江戸前穴子」、それに「べったら漬け」「小茄子漬け物」です。冷えたワンカップ片手に、「江戸前ハゼの甘露煮」をがぶり、いやー最高ですね。こんな駅弁があるとは思いませんでした。 「江戸前穴子」もふわりと仕上がっていて、更に「べったら漬け」「小茄子」が箸休め。「はやて」の車内での、朝からの酒盛りは「江戸の味」一杯で、贅沢させていただきました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


アメ横、50センチ超「はまち」が3匹で500円!!!

2010/08/07 08:42
画像

  先週の話しですが・・・。 とんでもない熱さだから、ひょっとするとアメ横は生鮮の出物があるかも知れない。どんどん鮮度が落ちるから投げ売り状態の魚があるかも知れないと欲を出して帰路アメ横へ。予想ズバリ的中です。50センチ超の刺身に出来る「はまち」が、一皿3匹で500円。捌いて冷やして「刺身」に、3枚おろしにして、「ムニエル」用に、腹とえらをとって1匹丸ごと薄塩して冷凍に。 今日の話、薄塩「はまち」は解凍し、切り身にして、先ほど「三五八漬け」にしました。旨味が凝縮されると思います。楽しみです。
記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


タイトル 日 時
マクロビアンの夏の献立、ご馳走様でした。
マクロビアンの夏の献立、ご馳走様でした。   猛暑が続く毎日。ぐったりして帰ってきた飲んべえ爺を待っていてくれたのは、我が家のマクロビアンの夏の献立。写真 左上は、「ベトナム風茄子のココナツミルク和え」、右上は「野菜餃子コロッケのエジプト風ババガヌーシュソース(茄子、にんにく、小ネギなど)添え」、下は「生麩とオアゲガンモの玉葱、インゲン餡掛け」の3種。みんな健康に良い素材の組み合わせ。少し薄味だけど、素材の味がしっかり解るお料理でした。 身体に悪い?冷えた発泡酒をグイッと飲みながら美味しくいただきました。 不健康生活にどっぷりの飲ん... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/21 20:59
荒川フェスティバルには、西日暮里「北島のメンチカツ」も登場していました!
荒川フェスティバルには、西日暮里「北島のメンチカツ」も登場していました!   成田スカイアクセス開通記念イベントの会場に、あの水泳の北島選手の実家、西日暮里、肉の北島商店が出店していました。みるからに美味しそうな「メンチカツ」なので買ってしまいました。1個150円でした。あの北島選手のパワーをもらって老骨に鞭打とうというわけです。北島商店のほか、日暮里バーガーや、中国の水餃子、タイラーメンのお店などたくさんのお店が出店していました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/07/19 15:33
激安アメ横市場、高級魚「シマアジ」3匹500円でした。
激安アメ横市場、高級魚「シマアジ」3匹500円でした。   昨日、代々木の「インドネシア・フェスティバル」の帰り、例によって上野「アメ横」へ。ときどき、びっくりするほどの出物が並ぶ可能性がある、鮮魚店を見て歩きました。ありました、最高の出物です。ちょっと小型だけど立派な「シマアジ」です。一皿3匹で、なんと500円です。 「シマアジ」は高級魚、何時刺身を味わったか忘れたくらい滅多に口に出来ないお魚です。 小遣いの少ない爺の財布を見たら、どうにか買えそうなので、迷わず購入。さて料理は、1匹は、お刺身にしてみました。アメ横なので、ちょっと心配でしたが、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/11 16:10
「テンペゴレン」、納豆の揚げ物?!?! インドネシア・フェスティバル
「テンペゴレン」、納豆の揚げ物?!?! インドネシア・フェスティバル   代々木公園で開催されているインドネシア・フェスティバル。 「ガムラン」の音が鳴る響く中、フードコートへ。インドネシア料理の屋台(上の写真)が軒をつらね、行列の出来ているお店もあります。 インドネシア料理は、はるか昔、学生時代、日比谷映画街の近くにあった「インドネシア・ラヤ」に数回行ったことがありました。上京した田舎(宮古)の親戚を案内して行ったときは、「インドネシア・ラヤ」で「バナナの天ぷら」を食べてびっくりして土産話になったと聞きました。久しぶりのインドネシア料理との再会で、サテアヤム... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/11 05:56
宮古の珍味「まんぼうの腸」、辛子酢味噌和え、東京でも食べられました
宮古の珍味「まんぼうの腸」、辛子酢味噌和え、東京でも食べられました   我が家で何度言っても信用されない食材があります。 「まんぼうの腸」です。家人達は、あの「まんぼう」を食べるなんて考えられないらしいです。今問題になっているイルカを食べるのと同じ感覚でいるようです。でも、宮古では「マンボウ」は貴重な珍味です。とれたてで新鮮なら、マンボウの身の刺身は最高でしたね。水っぽいので、鮮度が勝負だったと思います。でも新鮮な「マンボウの身」は不思議な歯応えで美味しかったと思うのですが、東京では店頭で見たことはありません。 でも「マンボウの腸」は、上野御徒町の「吉池」で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/05 21:13
年2回の楽しみ、茂原の手打ち蕎麦、「かけ蕎麦」と「もり蕎麦」
年2回の楽しみ、茂原の手打ち蕎麦、「かけ蕎麦」と「もり蕎麦」   今日、茂原の知り合いに、夏のご挨拶に出かけました。当然、昼は「おおくら」で、お蕎麦です。確か去年の暮れは、「おおもり蕎麦」だけでしたが、今日は例年恒例?の「かけ蕎麦」と「もり蕎麦」にしました。完食出来るか自信がなかったのですが、お蕎麦は、口に入れたとたん、蕎麦の香りが一杯に広がって、あっという間に、「かけ蕎麦」と「もり蕎麦」をいただいてしまいました。「かけ蕎麦」の汁も「もり蕎麦」のつけ汁も、あまり濃くなく、さっぱり系なので「蕎麦」の香りと味が引き立っていました。ここの蕎麦を食べると、いつ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/04 23:24
門前の又兵衛さんの「イナゴ」の佃煮
門前の又兵衛さんの「イナゴ」の佃煮   「宗吾霊堂」の門前には、佃煮屋さんの出店が2軒あります。そのうちの1軒の佃煮屋さん:「又兵衛」。店先には、佃煮の他に、雑魚が大きな水槽で泳ぎ回っていて、もちろんグラム売りでした。 私の狙いは「イナゴ」、成田山の門前のように味付けしていない「茹でイナゴ」。残念ながら「又兵衛」さんには、置いてませんでした。 「茹でイナゴ」なら自分好みの味付けした「自家製イナゴ佃煮」が出来るのですが・・・。並べてある「佃煮」をみたら「イナゴ佃煮」のパックがありました。ワンパック250円と手頃な値段。今回はそれ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/03 09:06
江戸の味、佃煮はやはり浅草「鮒金」でしょうか?
江戸の味、佃煮はやはり浅草「鮒金」でしょうか?    「長國寺」の「あじさい祭り」に、佃煮の「鮒金」さんが店を出していました。3種お試しセットで、500円とお買い得だったのでつい購入してしまいました。 「鮒金」は、浅草の老舗の佃煮屋として有名ですが、一度も食べたことがなかったので、本当にお試しです。 「葉とうがらし」、「小女子」、「かつぶししらす」の組み合わせです。 「葉とうがらし」は、宮古で祖母がよく作っていたのを思い出し、このセットを選びました。他にも小エビやあさりやマグロ角煮などの組み合わせがありました。 「長國寺」及び「鷲神社」に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/20 07:22
マクロビアンの「麻婆豆腐」、結構いけました!
マクロビアンの「麻婆豆腐」、結構いけました!  我が家のマクロビアンが、中華料理を作ってくれました。なんと「麻婆豆腐」です。お豆腐は「有機豆腐」と思ったのですが、挽肉状のは? 大豆ミートかな?と聞きましたら、雑穀の「たか黍」ということでびっくりしました。全体の味は、結構濃かったので美味しくいただきました。ただ、辛いのが好きな親爺なので、唐辛子はふらせていただきましたが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/06 09:05
大井町、行列ラーメンのお店は?
大井町、行列ラーメンのお店は?   「荏原神社」天王祭を見てから、旧東海道を西に向かって歩き、途中から右折して「大井町」へ。ちょうど昼近くなったので、狙いは久しぶりの「ラーメン」です。大井町の「ラーメン」はさっぱり系ですので、日本蕎麦派の私にもあうはずです。東急大井町駅の側の「東小路」へ。昔、家人が高校の帰りにたびたび寄ったという「一富士」で食べるつもりでした。家人に「あの時代、高校の帰りにラーメン屋によるなんて、不良女子高校生だったんだね」と言ったら「貴男の育った宮古見たいな田舎じゃないんだから」と馬鹿にされた事がありま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/30 07:35
浅草「三社祭り」に「ラーメンバーガー」が登場!?
浅草「三社祭り」に「ラーメンバーガー」が登場!?   浅草「三社祭り」の屋台広場。広島焼きや、焼き鳥や、チョコバナナなど、何時もと変わらない屋台の中で、行列の出来ている屋台がありました。覗いてみると、なんと「ラーメンバーガー」のお店でした。大判焼きのような鉄板で、くぼみにラーメンの麺をいれて表面を黄金色させたもの2枚に、大きな叉焼やナルトやシナチクなど挟んでいます。味噌ラーメンか?醤油ラーメンか聞いてシロップみたいな物で味付けしていました。1個500円也で販売してました。食べて見たかったのですが行列だったので、諦めました。ちなみに、屋台広場... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/16 11:13
「テンペ」 インドネシアの納豆だけど・・・・。
「テンペ」 インドネシアの納豆だけど・・・・。  「テンペ」はインドネシアの納豆? 我が家のマクロビアンのマクロ料理です。「テンペ」が主役でしたが、アクセントに「カボチャ」を付けています。「テンペ」だけだと、ちょっと癖がつよすぎるところを、「カボチャ」のしっとりした甘みでカバーしてくれました。味も親爺好みに、濃い味付けにしてくれましたので、お酒が進みました。でも本当は、日本の納豆を和辛子で戴くのが飲んべえには合っているかも知れませんが・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/12 21:28
「モビルスーツ」1/144 「ガンプラ焼き」、でもすぐ破壊されました!!
「モビルスーツ」1/144 「ガンプラ焼き」、でもすぐ破壊されました!!  「神田明神の宮出し」を見た後、秋葉原へ。お目当ては「ガンダムカフェ」です。我が家の東京で一人暮らししている息子が、小学生の頃、夢中になって、親ばかも一緒に楽しんだ「ガンダム」。コスプレの秋葉原らしく、「ガンダムカフェ」がオープンしていると聞いては、見ないわけにはいきません。先日、息子が来たとき聞いたら、行ってみたけど行列で入れず、また「ガンプラ焼き」なる「ガンダムの人形焼き」も買えなかったとの事。今回は、「秋葉原おたく」には、まだ時間帯が早かったようで(10時ちょっと過ぎ)、「ガンダムカフ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/10 20:42
「有機こんにゃく」の自家製味噌漬け、おつまみにピッタリ!!!
「有機こんにゃく」の自家製味噌漬け、おつまみにピッタリ!!! 我が家のマクロビアンの手作りです。「有機コンニャク」の味噌漬けです。使った味噌は、マクロビアンこだわりの手作り味噌です。「有機大豆」「有機麹」「海の塩」など、とてもじゃないけど普通のお味噌とは違う材料を使って仕込んだ二年味噌をつかった味噌漬けです。お酒のおつまみに戴くのはもったいなかったのですが、一口食べたら味がしっかりしていてグーでした。私のような飲べーにはもったいないおつまみでしたが、美味しくいただきました。今度は、何を味噌漬けにしてくれるか楽しみです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/09 22:10
新築オープン「浄土ヶ浜レストハウス」、「花見かき」食べたい!!!
新築オープン「浄土ヶ浜レストハウス」、「花見かき」食べたい!!!   我が故郷宮古の浄土ヶ浜レストハウスが新築オープンしたそうです。宮古の従兄弟が写真を送ってくれたのですが、そこに写っていたのは、「花見かき」の文字!!! 一個400円だなんて!!! 私が宮古に居たときは、「花見かき」なんて無かったです。上等の牡蛎をじっくり育てた大きな牡蛎なそうです。多分、東京でももてはやされている「岩牡蛎」みたいに、身が大きくてジューシーなのでしょう。汚れていない三陸宮古の海で育ったのだから、当然美味しいはずです。この間、築地場外市場の半値市にいったら、「岩牡蛎」を一個6... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/06 20:31
ゴールデンウィークの浅草、昼から飲み屋さんまで満員でした。
ゴールデンウィークの浅草、昼から飲み屋さんまで満員でした。  ゴールデンウィークの浅草は、とんでもないですね。正月の浅草より混んでいるかも知れません。家人と出かけて、昼食をとろうと思ったのですが、とんでもないです。至るところ行列です。今年のゴールデンウィークは、都内に繰り出した人が多かったのでしょうか。「尾張屋」も、「大黒屋」も当然長蛇の列です。六区のほうに行けば多少すいているかなと思ったら、とんでもないです。飲み屋さんも、家族連れで一杯。普段なら、馬券買いに来たおっちゃん連中だけなのに、子供連れまで外のテーブルで・・・。まあ、ゴールデンウィークだけ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/04 18:48
宮古に縄文時代から伝えられた「クルミ」割りに挑戦! 成功!!!
宮古に縄文時代から伝えられた「クルミ」割りに挑戦! 成功!!!   縄文時代の人々は、森の恵みの「木の実」を常食していたそうですね。わが故郷岩手の宮古の、「木の実」の食文化は、縄文人並かも知れません。私が小さい頃は、ドングリのお饅頭「スタミ」を、良く食べていました。一般的な食べ物と思っていたのですが、ところが「ドングリ」をお饅頭にして食べる地域なんて、全国どこにも無いそうですね。わが故郷宮古の食文化は縄文時代から受け継がれてきたのでしょうか? 宮古ではお正月は決まって「クルミ餅」、佐倉に住んでいても、宮古人の家庭なら「クルミ餅」、祖母からの伝承の「ほろほ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/29 18:33
激安の「天然真鯛」、鮮度抜群、「刺身」と「兜煮」ですね!
激安の「天然真鯛」、鮮度抜群、「刺身」と「兜煮」ですね!   近くの何時もいく、お魚の安いスーパー。お刺身用のお魚を物色していたら、なんと天然真鯛が、一匹319円なりです。そんなに小さくないし早速購入。尾までいれると30センチ弱でした。3枚おろし にしました。安いけどおろした感じでは、身はプリプリして鮮度良しです。 「身」の部分は、当然「お刺身」です。「あら」と、「頭」は「兜煮」です。大ご馳走の夕食になりそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/29 17:28
黒メヌケ、煮付けが最高! 残りは三五八漬け!
黒メヌケ、煮付けが最高! 残りは三五八漬け!  上野は、アメ横。私は、カニとマグロは買わないことにしているゾーンです。他のお魚などは、色々お買い得にぶつかることがあります。写真は、型の良い「黒メヌケ」。3匹一山で500円。アメ横の雑踏の方々は「黒メヌケ」より、鱈や鯖などに興味があるらしい。私は「メヌケ」の文字に釘漬けです。「メヌケ」って言ったら、今は高級魚の代名詞ですが、昔、宮古にいたときは、たびたび、祖母が、煮付けにしてくれた事がありました。当時の宮古でも、煮付けにして美味しい魚は、「メヌケ」そして「めいせん」(キンキ)が横綱級といわ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/25 06:45
B級グルメ「唐揚げ」オンパレード!「砂カレイ」、「タラバガニ」、「ウドの皮」、「黒メヌケあら」
B級グルメ「唐揚げ」オンパレード!「砂カレイ」、「タラバガニ」、「ウドの皮」、「黒メヌケあら」   自作の雑多な「B級グルメの唐揚げ」。家人に任せず、酒のつまみの料理は極力自分で作るのが我が家の習わし。酒のつまみは、マクロビアンの見解では、健康的には疑問らしいが、飲んべえは、お酒を美味しく飲むために、酒のつまみを作り続けます。今回は雑多な唐揚げ。3匹120円の砂ガレイ、激安タラバガニの残った胴の殻付き身(良い身はグループホームにいる家人の母へ)、黒メヌケのあら(骨ぬきした身は、今三五八漬けで寝かしてあります)、山ウドの皮(中身は当然、さっと湯がいて「からし酢味噌和え」でとっくに戴きまし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/13 21:01
「激安タラバ」だけど、身はたっぷりでした!
「激安タラバ」だけど、身はたっぷりでした!   近くの、激安スーパーで出物を見つけました。生の「タラバカニ」2肩で、900円以下でした。結構大きな脚でしたので、普通のスーパーなら2倍以上の値段になると思います。小さな方の肩を、茹でてみました。捌いてみると、身の入り方はGOODです。捌いた身は、家人の母親のためにパックにしました。家人の母は、今、グループホームに入っているのですが、カニとマグロが大好物で、我が家に来たときカニを出すと、目を細めて殻から綺麗に外して美味しそうに食べていました。今は、殻付きだと大変ですので、身だけパックにして... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 1

2010/04/11 08:48
ほったらかし自然栽培のヨモギ、マクロ草餅で力量発揮!!!
ほったらかし自然栽培のヨモギ、マクロ草餅で力量発揮!!!   猫の額の庭には、春になると雑多な植物がどんどん生長し始めます。この間の「蕗の薹」が出ていた場所には、もう「野蕗」が葉っぱの傘を広げ始め、「三ツ葉」は至るところに陣地を広げています。最初から自生していた「ヨモギ」も負けてはいませんね。がんばって勢力をのばしています。そんな「ヨモギ」が自己主張するのは、やはり「草餅」です。我が家のマクロビアンが「草餅」を作りました。「あんこ」は当然、北海道産の小豆を煮て、米飴で甘みをつけ、衣は「玄米粉」、「白玉粉」のブレンドに、我が家の「ほったらかし自然栽培... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/08 21:14
「凍み大根」、岩手の極寒の冬が生んだ自然保存食
「凍み大根」、岩手の極寒の冬が生んだ自然保存食   私の田舎の味噌汁の具、「凍み大根」は懐かしい幼いときの味です。宮古で、祖母が良く作ってくれた味噌汁は、「凍み大根」と「油揚げ」。「凍み大根」は、岩手の極寒の冬、山を流れる手の切れるような冷たい小川の中に、大根を浸し凍らせ、そして寒風でほす。厳しい自然との共生を強いられた人々の生きる知恵から生まれた保存食です。そんな食材ですが、今は立派なブランドかも知れません。なんら人口のエネルギーは一切使わず、機械や添加物のても借りずに、自然の力で加工してくれた、本当の自然食品ですから。 「いわて銀河プ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/04 19:28
マクロビアンの健康デコレーションケーキ、美味しかった!
マクロビアンの健康デコレーションケーキ、美味しかった!   我が家のマクロビアンが、健康デコレーションケーキを作りました。牛乳、バター、卵、精糖などは一切使わないマクロのデコレーションケーキです。 「スポンジケーキ」は、地粉、全粒粉、米飴その他の材料で、しっとり焼き上げ。デコレートする「クリーム」は、豆腐、メープルシロップ、米飴、甘酒、玄米ポン煎餅などが主材料なそうです。上の「キウイ」を飾って完成。私も戴いてみましたが、ワンカップ親爺でも美味しくいただける大人の味でした。ワンカップでなく、ウィスキーやブランディーに合うケーキのようでした。我が家の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/03 23:48
懐かしい「パン焼き器」、いわて銀河プラザに登場
懐かしい「パン焼き器」、いわて銀河プラザに登場   先日、「いわて銀河プラザ」で、昔懐かしいものを発見しました。私が小さいとき、宮古で、祖母が自家製?のパンを作るときに使っていた「パン焼き器」。昔祖母が家で使っていたのはジェラルミン製だと思ったのですが、「いわて銀河プラザ」で、実演展示していたのは「南部鉄器」でした。 ジェラルミン製の「パン焼き器」は半世紀以上前の事。当時は、当然ながら今のような、「酵母とか発酵」とかそんな手法を祖母が使うはずもなく、多分「小麦粉と砂糖と水とふくらし粉」だけを単純にまぜたものだったと思うのですが、とびっきり... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/04/02 23:24
大船渡の新鮮ホタテ、活きホタテ焼きを無料でいただきました!!
大船渡の新鮮ホタテ、活きホタテ焼きを無料でいただきました!!  「いわて銀河プラザ」リニューアルイベント その3. 「大船渡生けホタテ焼き」の振舞。 PRが行き届いていないのか、行列は10人程度でした。炭火で、大船渡で育てた「ホタテ貝」を焼き、無料で振る舞ってくれました。えーこんな新鮮な「活きホタテ」の貝焼きなんて、都内の居酒屋で食べたら、500円以上はする代物。今日は、ジューシーで美味しい、焼きたてを振る舞って戴きました。ご馳走様でした。 毎年恒例の目黒の「宮古の秋刀魚」は、宣伝が凄いので、行列も超宇宙的で、とてもありつくのは無理だったのですが、今日... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/28 19:09
岩手銀河プラザ リニューアルオープン 自然栽培野菜!!!
岩手銀河プラザ リニューアルオープン 自然栽培野菜!!!   東銀座の「岩手銀河プラザ」が、リニューアルオープンしました。早速行ってみましたら、入り口で早くも感激。なんと岩手直送の自然栽培(完全無農薬)のお野菜がずらりです。やはり岩手の澄んだ空気の中で自然栽培されたお野菜なら、そのまま食べても安心。岩手銀河プラザが、そんな野菜の発信地になって欲しいと思っていたので、思わずニコリ。中に入ったら前にも増して明るい雰囲気になっていました。催しものコーナーでは、これもだめ押しみたいに、二戸の無農薬雑穀がずらり。家人は結局、あの林檎の木村さんの愛弟子の特別栽... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/28 16:46
鰹のシーズン。激安「中落ち」!
鰹のシーズン。激安「中落ち」!   もう鰹のシーズンですね。鰹は、「刺身」や「たたき」も美味しいけど、やっぱり「中落ち」がお酒には合いますね。近所のスーパーで見つけました。なんと鰹5匹分の中落ちがワンパック150円です。さっそく、甘辛に煮付けです。冬のような寒さですので、今晩は熱燗で一杯ですね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/03/28 06:40
長崎産の「黒ムツ」、半値になっていました!
長崎産の「黒ムツ」、半値になっていました!   夕方の鮮魚店は、値下げタイムですね。上野松坂屋でも、閉店間際になると鮮魚3〜4パック一皿にして1,000円とかやりだします。半値以下になっていたと思います。 あの食品デパート「吉池」の鮮魚売り場も値下げするときがあります。「吉池」は加工部門をもっているから、刺身類を除いては、なかなか値下げシールが貼られません。 昨日19時近くに覗いたら、ありました、50%引き。長崎産の「黒ムツ」4匹、半額になっていて、290円です。早速ゲットです。家で捌いたら、結構鮮度が良くお買い得でした。「黒ムツ」は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/27 13:05
「浄土ヶ浜」に自生する天然「まつも」はワシントン条約クラス!!!
「浄土ヶ浜」に自生する天然「まつも」はワシントン条約クラス!!! 三陸でしか採れない海藻「まつも」。この間、銀河プラザで釜石産の「生まつも」を紹介しましたが、あの「まつも」は三陸の海で養殖したものでした。 我が故郷宮古の天然自生している「まつも」を採っている漁師さんの写真を従兄弟が送ってくれました。なんと写真は「浄土ヶ浜」です。「浄土ヶ浜」にも自生しているとは思ってもみませんでした。でも考えてみると「浄土ヶ浜」は、太平洋の外海に面し、水の透明度も高く、汚染も進んでいません。なにしろボートで「アイナメ」の大物や、タコ、ヒラメまで釣れる豊僥の海です。「... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/22 13:08
アメ横仕入れの、激安巨大浅羽カレイ!!!
アメ横仕入れの、激安巨大浅羽カレイ!!!   3連休で、上野界隈は大変な混雑。御徒町吉池で、お魚を物色したのですが、獲物がなく?帰り道、アメ横へ。まるで年末の買い出しのような人出でした。お魚関係だけチェック。マグロやカニは、かなり前、あまり良くない物を買ってしまった失敗があるので、目もくれず。他の出物がないか探していたら、ありました。「巨大浅羽カレイ」です。一皿2匹で500円です。一匹1kg以上ありそうな大物です。これは買いと早速購入して、重いカレイを持って帰りました。さて、どう捌くか? 結局3種類の料理に対応することにしました。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/22 07:05
待ち遠しい「浄土ヶ浜レストハウス」の開業
待ち遠しい「浄土ヶ浜レストハウス」の開業  我が故郷宮古の「浄土ヶ浜レストハウス」が、立て替え工事がほぼ完成して、もうすぐオープンになると、宮古の従兄弟が写真を送ってくれました。 「浄土ヶ浜レストハウス」には、いろんな思いでがあります。今は亡き父が、孫と一緒に「浄土ヶ浜」の内海で泳ぎ、その後レストハウスで、孫達が、磯ラーメンや焼きホタテにむしゃぶりつくのを、ニコニコしながら見ていた。そんな時代は、もう戻りませんが、新しい「浄土ヶ浜レストハウス」は、訪れる人たちに良い思い出を作り続ける事と思います。「浄土ヶ浜」の自然とマッチした催しと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/21 15:33
マクロ仕立ての、「桜餅」 ご馳走様!
マクロ仕立ての、「桜餅」 ご馳走様!   我が家のマクロビアンが、「桜餅」を作ってくれました。当然ながらマクロ仕立てです。中の小豆は、有機小豆で、甘みは米飴のみ。道明寺粉でくるんであり、仕上げは、塩漬けの桜の葉です。甘すぎず、大人の味で、桜の葉の薄い塩味とマッチングしていて、美味しくいただきました。当然ながら、ご仏壇にもお供えしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/21 10:59
寒かったけど、春の味、「焼き筍」
寒かったけど、春の味、「焼き筍」   今日は、冬の戻ったような寒さでした。けれど、佐倉では、もう、春の食卓です。佐倉に住んで良かったのは、ちょっと田舎だけど、その分、自然と、お野菜など農産物に恵まれていることですね。故郷、宮古は新鮮な魚介類や、山菜類など、まあ、佐倉とは全然違った環境にあり、季節毎の味覚を楽しめたのですが、こちらのような「筍」は、殆ど味わった事がありませんでした。宮古のほうは、「孟宗竹」が育つ環境ではないのでしょう。佐倉の農産物直販所に並んでいた、「若い筍」は、「天ぷら」、「若布と煮物」、そして写真の「焼き筍... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/07 21:30
青森直送の「桜鱒」、東北も春到来ですね!
青森直送の「桜鱒」、東北も春到来ですね!   桜の季節が、もうすぐですが、その訪れを告げる東北の魚「桜鱒」が、東京にもやって来ました。京橋ちかくの「青森県特産品センター」で見つけました。青森の港からの直送品です。 「桜鱒」の他にも、ヒラメ、ソイ、カワハギ、ホウボウ、ヤリイカなど、鮮度抜群の魚が一杯。なけなしの、お小遣いをはたいて、当然ながら「桜鱒」、そしてカワハギを購入。都内の鮮度の良い魚を売っている吉池やデパートに比べたら半値近いお値段でした。早速、カワハギは刺身にして、カワハギの肝醤油でいただきました。なんとお酒が美味しく飲めたこと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/06 07:19
激安! 銚子の「背黒イワシ」 
激安! 銚子の「背黒イワシ」    近所のスーパーで、また目玉を発見です。銚子直送の「背黒イワシ」。ワンパック27匹入っていて、60円ちょっとでした。1匹あたり2円ちょっとですね。可哀想なくらいです。すぐ塩をふって、ざるに広げ、寒風干しです。さっと炙ってお酒のおつまみに。海の幸を、こんな激安で提供してくれるスーパーに感謝ですね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/21 08:18
佐倉は、もう「筍」の出番!!!
佐倉は、もう「筍」の出番!!!   えー!!! もう筍!!! 昨日まで雪まじりの雨が降っていて、気温も宮古の親戚に聞いたら、殆ど同じで凍えていたのですが・・・。 近くの、農産物産直店にいったら、なんと「筍」です。可愛いサイズですが、まぎれもない地元佐倉産の「筍」。やはり寒いとはいっても、宮古に比べて圧倒的に春の訪れは早いようです。「蕗の薹」も産直店にありました。我が家の自然栽培?の「蕗の薹」はまだまだですが、ちょっと暖かい日当たりの所では、もうすっかり春になっているのではないでしょうか。今日は、小さな「筍」は皮のまま焼いて... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/02/14 11:18
大井町ラーメン横町、昔の風情はどこへ?
大井町ラーメン横町、昔の風情はどこへ?  半世紀以上前、ラーメンは一杯30円程度だったと思います。そのころから繁盛していたのが、東急大井町線大井町の駅からJR線陸橋を渡ってすぐ左手の「ラーメン横町」。家人は大井町線沿線で育った東京人だから、中学生の頃からこの「ラーメン横町」には来ていたらしい。そのころからのラーメン屋さんがまだ健在で頑張っています。半世紀以上同じ味のラーメンを提供しているのですから大したものですね。今はやりの、奇をてらった?ラーメンじゃないところが良いですね。懐かしくて「一富士」の側までいって見ました。  あれっ?... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/13 22:38
雪混じりの小雨、それでもアメ横は元気
雪混じりの小雨、それでもアメ横は元気  今日も関東は、どんよりした曇り空で、凄い寒さでした。時折、小雨になり雪まじりだから本当は外出日和ではなかったのですが。帰りに、御徒町でおり、アメ横へ。混雑さは、相変わらずです。年末ほどじゃないけど、人を避けながら歩くのに苦労するほどです。しかも、日本語じゃない会話が多く聞こえてきますし・・・。「二木の菓子」入り口通りの角にある「屋台どんぶり食堂」は、あいも変わらずの繁盛です。「じゃんぼたこ焼きや」も同じ店内にあるから、ぐじゃぐじゃグルメですが、中国の方々やその他海外の方々が集まってきてまし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/13 22:04
いよいよ、岩手早採りワカメしゃぶしゃぶのシーズンです
いよいよ、岩手早採りワカメしゃぶしゃぶのシーズンです   まだ寒い盛りですが、あの冷たい三陸の海でもう春の息吹が。また発見です。ところは、去年と同じ、横浜西口地下の食品スーパーです。お魚屋さんが2軒以上競い合っていて混雑しているスーパー。「岩手の早採り生わかめ」がならんでいました。はるばる三陸の海から春の味が横浜に届いたという事です。我が故郷宮古でも、魚菜市場ではもう店頭にならんでいるのでしょうか。宮古にいた時分は、「早採りわかめ」を「しゃぶしゃぶ」で食すなんていうことはしたことありませんでした。もっぱらみそ汁のような記憶があります。三陸の海の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/07 09:08
稀少価値「無農薬りんご」手に入れました!!!
  自然栽培の木村さんの講演会のあと、大栄公民館からちょっと佐原よりの「おかげさま農場」によってみました。我が家のマクロビアンご調達のお店です。私は初めてでした。バラックの建屋に、無農薬野菜と看板が表示してあります。家人とマクロビアンは野菜を物色。私も店内をきょろきょろ。あれ!カウンターの上に、林檎が並んでいる??!! 家人に言うと、お店の人に確認。「木村さん」のじゃないけど、「無農薬林檎」だという。 ところが「木村さん」の講演会の帰りの女性達が買い占めていて、もう残りはなしである・・・。家... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/31 08:51
成田山は「鰻」よりも「イナゴ」???
  成田山の参道の名物は、「鰻」、「佃煮」、「漬け物」、「羊羹」ですが、どういう訳か最近「甘栗屋」が多数進出していて、売り子さんが、うるさくてたまりません。「天津甘栗」と成田山が結びつくはずが無いのですが、人の集まるところには所かまわず出店しているようですね。せっかくの昔からの門前町の雰囲気を壊し始めているようで心配です。そんな甘栗屋には、目もくれず、「鰻屋」さんを横目で見て(本当は食べたいけど我慢)、佃煮屋さんへ。お目当ては、川魚の佃煮でなく、「イナゴ」の佃煮。毎年成田山では「イナゴ」の佃... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/24 09:11
珍魚「げんげ」は、ゼラチンたっぷり!!!
  以前、北陸に出張したとき、得体の知れない魚の、吸い物に出くわしたことがあります。 全身ゼラチンで覆われた奇妙な魚。故郷宮古は三陸のお魚が豊富で、お魚については熱帯魚を除いて、殆ど知り尽くしていると自負していたのですが、北陸で出会った奇妙なお魚には仰天。食べてみるとゼラチンがツルンとして、なかなかの美味。後で聞いたところ、「げんげ」という深海魚で、北陸の珍味らしい。深海魚といえば、宮古では「どんこ」が有名で、肝も「あんこう」に劣らず美味しくて「どんこ汁」は、堪えられない旨さです。いっぽう... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/23 22:59
今晩は宮古にはかなわないけど銚子直送「するめいか」と三陸の「生めかぶ」
  今日は天気が良いので、成田山にお参りにいこうと思っていたのですが、家人とマクロビアンが、講演会に出かけるとかで、留守番になってしまいました。そこで、晩の一杯飲みの「おつまみ」作成開始。材料は、これまた生鮮スーパーの食材。銚子直送の「するめいか」と、三陸の「なまめかぶ」。この間は、浅草で「なまめかぶ」を見つけて喜んだのですが、地元佐倉のスーパーでも売っていました。「するめいか」は、とうぜん、宮古や八戸の「するめいか」には、かなわないとは思いますが、銚子港直送のものも結構いけますよ。ただし、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/17 16:58
新鮮激安「いなだ」の刺身で今晩は一杯!!
  わが地元佐倉の近く、酒々井にある食品スーパー(千葉・茨城の地場スーパー)では、銚子港直送のお魚が中心で、安い掘り出し物が結構あります。今日は、なんと30センチ超の刺身に出来る「いなだ」が一本「180円」なりでした。当然購入し、早速まな板へ。一本物のお魚の捌きは、私の役目。出刃包丁で3枚におろし、半身は「お刺身」、半身は家人の「ムニエル」用に、頭・中骨などの「あら」は塩をふって焼き物に。東京だったら、こんな値段では買えないでしょうに・・・。佐倉は田舎だけど、ちょっとは良いことがありますね。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/16 16:43
「男の甘酒」、熟成の味は?! 寺田本家の味に変身?
  「男の甘酒」、熟成を期待して、冷蔵庫で1月2日から時々味わいながらも(大分少なくなってきましたが)、熟成を待って寝かしておきました。さあ、どんな味わいか? 一口味わったら、どこかで味わった味に似ている??? なんと、有名な自然醸造酒蔵である下総神崎「寺田本家」の発芽玄米酒「むすひ」とそっくりの味に変身している。むしろ「むすひ」の酸味を若干抑えたすっきり甘みの液体に仕上がっていました。故郷宮古で、祖母がこっそり作って飲んでいた「どぶろく」の味は、結構酸味が効いていましたが、熟成した我が家手... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/16 16:24
「宮古風無添加手作りたくわん」が完成!!!
  お袋が漬けてくれた、あのしょっぱい「宮古風たくわん」が食べたくなって、昨年12月、自家製「たくわん」を漬けて見ました。お袋は、今、宮古の施設に入って寝たきりになっていますが、元気なころは、漬け物の達人でした。「たくわん」はもちろんの事、大根の「きっか漬け」など東京ではお目にかかれないような漬け物が、宮古の食卓にはいっぱいあった記憶があります。どんぶりに山盛りされた漬け物は、瞬く間に無くなってしまう、みんな漬け物大好き家族でした。  12月に佐倉の産直で大根を買い、しばらく天日干しにして、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/11 11:03
新春の「めかぶ」! 三陸の味「なまめかぶ」を浅草で見つけました。
  浅草の楽しみは、神社仏閣、仲見世、お食事の他に、もうひとつあります。食品スーパー「オーゼキ」を覗いてみることです。激安の生鮮食品スーパーチェーンの一つですが、雷門通りに面してお店を出しているので、浅草に行ったときは必ず覗くことにしています。今回は大収穫がありました。なんと「なまのめかぶ」があったのです。岩手産ではなかったのですが、宮城産ということで、多分大船渡近辺のものでしょう。宮古産の「なまめかぶ」が東京にお目見えするのは、まだ先の話し。同じ海で宮古に近いから、それに「めかぶ蕎麦」が食... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/11 09:43
久しぶりの、「大黒屋」の天丼!!!
  浅草初詣のお楽しみは、お食事ですね。家人との話し合いでは、まず家人の大好きな天丼のお店「大黒屋」にいってみて、入れないようなら、「尾張屋」(老舗の蕎麦やさんで、やはり巨大海老の天丼や天ぷら蕎麦が有名)にしようと決めていました。仲見世から、横に入って「伝法院通り」へ。「大黒屋」が、見えました。案の定、行列が出来ています。これは「大黒屋」に天丼は、あきらめかな、と思ったのですが、一応最後尾に並んで様子を見ることに。意外や意外、結構お店の回転が良いようで、列が時折前進。これならちょっと我慢すれ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/11 09:12
宮古でしか入手出来ない究極のカレイ、「セーダガレイ」の登場です。!!!
  お正月なので、「なめた鰈」といきたいところでしたが、東京では売っているところが無かったので、とっておきの、「セーダガレイ」が登場。以前、宮古の魚菜市場で入手して、大事に冷凍庫で保存してあったものです。「セーダガレイ」の、本当の名前はしらないけど、1匹まるごと干してある、この種のカレイは、ほんとに、全国どこを探してもありません。宮古でしか売っていない貴重な「セーダガレイ」です。いろいろ調べると、皮がサメの皮のようだから、「サメカレイ」と呼ばれているものかも知れません。 一匹を豪快に切り身に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/02 18:07
男の甘酒!試飲。味は???
  先月27日から、仕込んでいた「男の甘酒」。結構発酵が進んで、表面に泡があがり、二層に分離し始めました 。頃は良し!と、軽く攪拌してから、お玉ですくって、味見したら、まさしく「男の甘酒!」に変身していました。昔、宮古の祖母が作って子供の私が舐めさせてもらった、あの大人の味を思い出しました。早速、濾しに入りました。最初は、家人が金網の西洋風濾し道具を使えというのでトライしましたが殆ど絞れず、結局、古来の布巾絞りに変更。ギューと絞って、「男の甘酒」をゲット。さっそく、利き酒用お猪口にいれて、ま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/02 12:31
明けましておめでとう! お雑煮は宮古伝来のクルミ餅です。
 あけましておめでとうございます。今日は、朝一番で、毎年恒例の「クルミ擂り」の開始です。今年の「クルミ」は、岩手銀河プラザで入手した九戸村の「むきクルミ」です。擂り鉢で、しっとりするまで擂りつぶし、マクロビアンの言いつけで、お砂糖でなく、米飴で甘みをつけました。手の平にちょっと付けて舐めたら、結構甘い。 お雑煮に入って柔らかくなったお餅を、擂ったクルミに浸して食べるのが、わが故郷宮古のお正月です。 お雑煮には、宮古の「おんつあん」から頂いた「はらこ(いくら)」が彩りを添えています。お雑煮とク... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/01 13:38
これぞ宮古風手打ち「はらこ蕎麦」です!!!
 年越し蕎麦。年越し蕎麦は、石臼引きの自然栽培の蕎麦粉を使用。蕎麦粉は、水吸いがうまくいかず、ちょっと ”ぼそぼそ” だったけど、蕎麦の素朴な味がGOODですね。蕎麦にトッピングは、宮古の叔父から、送ってもらった、「はらこ(いくら)」である。豪勢に、たっぷり です。 それに、かき揚げは、家人の先祖が江戸末期まで暮らしていた金沢の「白海老のかき揚げ」です。宮古風「はらこ蕎麦」に、連れ合いの家人の先祖の味である、「白海老」。家族の年越しは、我が故郷、宮古の「はらこ」と、家人の「白海老」との競演。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/01 00:13
男の甘酒??ただいま発酵中!!!
  27日に仕込んだ、男の甘酒。今日で、3日目である。毎日、熱湯消毒した、しゃもじで、ゆっくりかき回し、今か今かと、本格発酵を心待ちにしていました。今朝みたら、大きな泡が表面に出ていて、細かい泡も出ている。米と麹の層からも泡が発生して上昇しているのが見えた。自然の力は凄いですね。良い状況です。 正月中に味わえそうです。まあ最初に出来た「甘酒?」は、小さい頃、宮古で手作りの「甘酒?」を舐めさせてくれた祖母と、オヤジの仏前に供えることにします。どんな出来映えになるか、後数日で結果がでます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/30 12:50
正月用手作り甘酒???!!!仕込み!
  正月用、男の甘酒???の仕込み。出来上がりが楽しみです。昔、宮古の祖母が、時々仕込んで、小さな瓶から杓って、目を細めて飲んでいた姿が目に浮かびます。ちょっぴり舐めさせてもらった、あの味が再現出来れば最高だけどなあ・・・。 自然発酵の力に期待しています。最近我が家は、三五八漬け、イカの塩辛、無添加たくわん、など手作りの発酵食品が食卓一杯です。今の食べ頃は、家人が漬ける白菜の漬け物。ちょっと酸っぱくなった時が最高!どんぶり一杯、熱燗のつまみで、すぐ無くなってしまう有様。 発酵食品は、健康にも... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/12/27 19:35
生栗対決!!! 地産地消の勝ち!!!
  お正月が近づいて、我が家も、おせち料理の食材確保に大わらわ。高級な、宮古のはらこ(いくら)は、宮古の叔父が送ってくれたので、それ以外の食材の調達を開始。 難問題が勃発した。マクロビアンが、「栗きんとん」を作るというので、生栗を探さねばならなくなった。 インターネットを検索して探したけど、この季節になっては、もう販売終了という店ばかりである。 やむをえず、足で探すことになった。スーパー、自然食品店、デパート、いけるところはいって探したが生栗はおいていないですね。ビン詰めの栗は売っているけど... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/26 14:34
マクロビアンのクリスマスディナーは???
我が家の、クリスマスイブのディナーは、マクロビアン手作りの、お料理。昔は、チキンや、ハムや、ケーキなどが、並んでいたものでしたが・・・。鶏の唐揚げのようなものは、「大豆のお肉の唐揚げ」でした。歯触りはサクッとしていて、鶏の唐揚げ顔負けでした。「宮古の塩」をふって食べたら最高でした。 「マクロ流ドリア」は、無農薬野菜がたっぷり入って、玄米ご飯と豆乳で仕上げ、ガスオーブンで、こんがり焼き目がついていました。健康たっぷりの「ドリア」でした。 スープは「パンプキンスープ」、熱々で、カボチャの甘... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/26 13:57
しょっつる鍋&はたはたの焼き物 そして宮古の「はらこ」!!!
 アメ横でゲットした「子持ちはたはた」の面々。寒風干しで、良い具合に仕上がったので、食卓に登場である。18匹もあったので、今日の食卓は贅沢に7匹ならんだ。(後は冷凍で、後日のお楽しみ) しょっつる鍋には、4匹。千葉地元産の、ネギ、白菜、大根たっぷりに、「子持ちはたはた」4匹放り込んで、しょっつるで味付け。豆腐を入れて出来上がり。焼き物に3匹。しょっつる鍋は、お野菜が、しょっつると、はたはたの出汁を吸ってGOOD。はたはたの卵は、弾力のあるプチプチ感、はたはたの身は、ほっくりと外れてツルン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/20 20:10
アメ横の激安子持ち「はたはた」?!
 アメ横は、大好きな街です。B級グルメのゴッタ煮状態で、毎週1回は通らないと気分がスカッとしません。カニやマグロなどは超安だけど、安物買いの銭失いみたいなケースを大分味わっているから、そんな品物は、御徒町駅前の「吉池」で買うことにしています。でも時には、アメ横で、とんでもない掘り出し物に出くわすことがあります。 いつも安く皿盛り売りをしている鮮魚店、ひょっと見たら、今が旬の「はたはた」が山盛りになっている。どうせ、雄だろうと思ってしげしげ見たら、なんと全部子持ちだ。さっき「吉池」で見たら2匹... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/19 20:43
今日は豚モツのカレー、朝ヤマガラ現れる!
 「豚モツ」は、いつもは、「味噌煮込み」だけど、今回は、「モツカレー」にチャレンジ。レシピを調べたら結構手間がかかるが、最初だからレシピ通り実施。まずは10分程度煮沸。水洗いしてから、今度は、「圧力鍋」で、「長ネギの青いところ」と「お酒」をいれて加圧加熱20分。(これでモツは十分柔らかくなった、臭みも抜けている) 、またモツを水洗いして、タマネギを飴色になるまで炒め、にんじん、じゃがいもを、”自家調合のカレー粉”で炒め、「お酒」、「鰹節出汁」と全て「圧力鍋」へ。また加圧加熱20分。ジャガ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/13 18:29
これぞ南部の「ひっつみ」、まいうーー!!!
  南部の「ひっつみ」。南部地粉の「ひっつみ」、しかも八幡平「高原赤鶏」がたっぷり。 八幡平市の従兄弟が送ってくれた。 「ひっつみ」は、昔、まずしい岩手では、お米が食べられなかったから、俗にいう代用食で、地元で採れた小麦粉で「ひっつみ」を作って食べた。それが今では、郷土料理として、高級料理になった。「ひっつみ」は盛岡駅のフェザンのも専門店があり、いうも満員の状況。 今日は、従兄弟がおくってくれた「ひっつみ」が着いたので、夕食は「ひっつみ」で決まりである。八幡平の高原で放し飼いで育った「高原赤... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/12 20:48
昔の「直助屋」の蕎麦の味?茂原「おおくらや」
  先日、茂原に出かけた。例年とおりの、知り合いに、夏と冬のご挨拶。そして年2回の楽しみは、茂原のお蕎麦やさん。もう20年近く同じお蕎麦やさんで、昼食。「おおくらや」という手打ち蕎麦やさんである。どうして毎回そこかというと、我が故郷、宮古の愛宕(旧舘)の「直助屋」さんの、先代の手打ち蕎麦に、喉越しも味も香りも似通っているからです。今の宮古「直助屋」さんの手打ち蕎麦は、残念ながら、まだいただく機会がないのですが、昔の「直助屋」さんの先代の手打ち蕎麦の記憶がまだ残っています。今までは、毎回同じパ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/12 09:20
「東京出張B・・・築地場外市場探訪」について
「東京出張B・・・築地場外市場探訪」について グルメ三昧の、良い出張でしたね。でも海鮮グルメなら、宮古が一番ですね!!! また年末に、銀河プラザに、宮古の海鮮グルメが勢揃いして、 築地場外市場に買い物に行く、東京衆をワンストップさせて欲しいものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/12/06 22:18
岩手アップル入り健康ケーキです
  毎度おなじみの、我が家のマクロビアンの健康ケーキ。今回は、岩手の完熟林檎と、クルミがたっぷり入ったケーキです。とうぜんお砂糖は使っていません。林檎が焼き林檎みたいな甘さを醸し出して、クルミが贅沢な野生の味を添えています。ドリップ珈琲をブラックで飲みながら(我が家は珈琲や紅茶用のお砂糖は無いのです)、美味しくいただきました。今度は、紅玉のアップルパイが食べたいなあ・・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/05 17:01
銀河プラザに、宮古のご馳走が一杯!!!
 東銀座の「岩手銀河プラザ」で、わが故郷宮古の宮古物産フェアが開催されていた。「宮古」の名前があると、いてもたってもいられない故郷思いの爺でありますから、昼早速飛んで行きました。ありましたよ、「秋刀魚の丸干し」、「寒風干し鮭」、「秋刀魚の竹輪」、「アワビ」、「田老の塩ウニ」など宮古のご馳走が勢揃いです。宮古の、「寒風干し鮭」は、全国的に、有名で馬鹿高い「村上の鮭」に負けない、むしろ熟成された味は「村上の鮭」をはるかに凌駕すると思っています。なんで「村上の鮭」が絶賛されるのか解らない。こちとら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/01 20:51
無料のトン汁が美味しかった!「和田あぐり」の収穫祭
  自宅の近くの、「和田あぐりマーケット」で、「収穫祭」が開催された。「和田あぐりマーケット」は、産直で近隣の農家の方々の新鮮野菜を、安く販売してくれているテント張りの、「ミニ産直店」である。。温室ものは、あまり無いらしく、野菜の旬が良くわかる。当然新鮮だから、筍の旬には、筍は刺身で味わい、トウモロコシや栗は生でたべても甘くて美味しい。そんな「ミニ産直店」が毎年開催する「収穫祭」の目玉は、”トン汁の無料サービス”である。もちろん、新米餅米をその場で蒸かした、つきたてのおもち(きな粉、からみ、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/22 15:02
「みやこわが町」は旧舘が特集でした!!!
  先日、故郷宮古の従兄弟が、愛宕神社の山の写真を送ってくれて、久しぶりに、旧舘(愛宕)を思いだし、アップしました。ところが、その翌週、毎月購読している「月刊 みやこわが町」が送付されて来て、家人が「”旧舘”が特集だよ!」と叫んだ。家人は愛宕の旧地名が旧舘ということをついこの間知ったばかりだ。「みやこわが町」の中には、高校まで生活した「旧舘」(愛宕)が一杯詰まっていた。「常磐座」いまはない。日活無国籍映画を、2階の畳席で楽しんだ。小林旭、赤木圭一郎が大好きだった時代。いまでも、カラオケに行っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/22 10:32
ふわふわ揚げ出し豆腐は最高でした!!!
  快晴になった日曜日、家人とマクロビアンが、出かけるというので、荷物運びで同行。まずは、昼食ということで、九十九里浜に沿った国道126号沿い、東金の「豆厨ゆばせい」なるお店へ。ゆばや豆腐料理のお店。親爺の歯の調子がわるいので、マクロビアンが気を使ってお豆腐料理に決めたようだ。お店は清潔な作りで、お豆腐なんか試食できるようにしてある。早速片っ端から試食。いずれも柔らかく豆の味がしてGOOD。家人は「湯葉天ぷら御膳」、マクロビアンは「湯葉刺身御膳」、私は、「揚げ出し豆腐」と「作りたて豆腐」とビ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/15 19:37
マクロの美味なフルーツ&つぶつぶケーキ!!!
これは、美味しかったです!!! 我が家のマクロビアンの、フルーツケーキ。 甘酸っぱさと、”つぶつぶ”の食感?!。「岩手の雑穀」が、たっぷり入っているという。ブルーベリー、オレンジなどなど・・・。口の中で、酸っぱさと甘さが広がる。マクロのケーキだから、お砂糖使っていないけど、とっても甘い。フルーツの甘さなのですね。これは、のんべー親爺の私でも、食後のデザートとして美味しくいただけました。 贅沢な材料(無農薬とか、無添加とか)と、たっぷり手間をかけたケーキだから、きっとレストランあたりで食... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/14 05:54
今度は、マクロの蒸しケーキ
  我が家の、マクロビアンの”蒸しケーキ”。最近は、夕食には、マクロのお酒のおつまみや、寒いときには、マクロ水餃子など、私も知らず知らずのうちに、マクロ対応?の体質になってきている??? マクロビアンのケーキは、酒飲みの私も大好きである。お砂糖つかっていない自然の甘みだから、結構ウィスキーのオンザロックなどにも合う。今回は、まだ味見させてもらっていないけど、マクロビアンの集まりがあるからということで、作ったという。詳しく確認していないけど、にんじんの繊維に、何とかという?粉をブレンドしてパン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/07 11:06
美味しいよ、マクロのココアケーキ!!!
  我が家の、マクロビアンの秀作「ココアケーキ」。全粒粉と地粉をベースに、なんと、あの寺田本家の酒粕が入り、豆乳、メープルシロップ、林檎ジュース、米飴、にんじん・・・。素人には、気の遠くなるような多数の健康食材が使われている。飾りには、カシューナッツ、アーモンド、パンプキンシードが豪勢にのって彩りを添えている。私と家人はいただく役目。さっそくいただきました。GOODですね。我が家のマクロビアンのケーキは、この間のアップルパイも含めて、健康ケーキとして販売出来るレベルと思うけど・・・・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/03 07:20
宮古の秋刀魚にはかなわない可哀想な秋刀魚。でも自然の恵み!
  宮古の秋刀魚は、脂がのっており、最高に美味なのは、もう有名。宮古の秋刀魚は、まさに有名ブランドで、都内では、とんでもない値段で売っている。一 方、可哀想な秋刀魚たちを見つけた。近くのスーパー。銚子からのお魚を安くうっている。なんと、小さな秋刀魚が、一皿12匹で、150円。 側に置いている美味しそうな岩手産の中型秋刀魚は、2匹パックで3百数十円。これでも、都内のお店に比べたら圧倒的に安いくらいだ。 今回は、可哀想な秋刀魚さんを手にいれた。ちょっと大きめのものは、塩焼き用(4匹)、次のサイズ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/01 16:54
これじゃあ 蕎麦打ちは出来ないけど・・。我が家の蕎麦の実。
  この間、記載した蕎麦の花のその後。よく見たら、かわいい蕎麦の実が生っている。白い花の間に、菱角ばったしっかりした蕎麦の実。多分、故郷岩手では、蕎麦畑での収穫はもう終わっていると思うけど、佐倉は暖かいから、やっといま秋になって蕎麦の実がついたのでしょう。蕎麦大好きの私は、岩手蕎麦粉を使って蕎麦打ちを時々するけど、我が家の蕎麦の実は、せいぜい数十個・・・。蕎麦の実は、大事に収穫して、来年また蕎麦の花を楽しめるようにします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/10/31 10:00
またもマクロ!紅玉のアップルパイ!!!
  やっと林檎の季節になったんですね。我が家のマクロビアンが、今年2月以来久しぶりに、アップルパイを作ってくれました。材料は、減農薬の紅玉と、南部全粒粉地粉である。マクロだから当然砂糖は使っていない。それでも口にいれると甘い、甘い! 紅玉の酸っぱさが、優しい甘さに変化している。 子供の頃、同じ林檎が、焼き林檎になるとケーキみたいな甘さになってびっくりしたのを思い出しました。 自然の甘さは最高です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/28 19:15
シェフのカルパッチョは?
  親類の結婚披露宴に、お招きをうけ、恵比寿ガーデンプレイスまで出かけた。 ”Duo DOMO” というウェディングレストラン。有名シェフのフランス料理が味わえるそうで期待を込めて出席。ウェディングの中身も今様で、楽しい演出続出であった。若い新婚夫婦には幸せな家庭を築いてほしいものです。 さて写真の料理は、鯛のカルパッチョ、有名シェフの手にかかると、目でも楽しませてくれますね。私は、鯛と言えば、刺身か兜煮の世界だったけど、カルパッチョも美味でした。お酒はシャンパン、恵比寿ビール、赤ワイン、白... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/25 09:31
天龍の巨大餃子は健在でした!
  久しぶりに、家人と銀座へ。ほこ天で、まあまあの人出。昼食は、ちょっと贅沢に「天龍」にしようと「ITOYA」の向かい側の道に行くと、行列だ。 「天龍」の餃子目当てらしい。15分くらい並んで食券を買って入店。 「天龍」は、私の学生時代からあったから、もう40年以上、あの巨大餃子を売り物にしているのですね。巨大餃子は、若いときは一人前8ヶをペロッと食べたけ・・。 この歳になっては、家人と、巨大餃子と、広東麺を一人前ずつ取って、二人で分け合って満腹。写真撮ったときは、もう巨大餃子一ヶは家人のお腹... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/12 18:57
グローバルフェスタin日比谷はGOOD!!!
 日比谷公演で、「グローバルフェスタ2009」が開催された。名前の如く、各国の大使館とか、NGOとか、集合してPRのみでなく、「食」もあるということ。 意地汚いオヤジの代表である私は、家人を誘って出かけた。昨日と違って良い秋晴れ。フェスタでお酒を買うと高いと思い、有楽町駅から日比谷公演に向かう途中を物色したら、なんとJRガード下に、ちゃんと自販機があって、日本酒、発泡酒を売っている。スタンドが設えてあり、もう立ち飲みしているお父さんたちがいる。私はそこで飲んでしまうわけにはいかないので、ワン... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/10/04 20:05
佐倉地栗のマクロ蒸しケーキ:美味しい!!!
 佐倉の地栗。大きなやつを、一生懸命、皮むきをした。栗は大好きだけど、皮むきが大変だ。家人は、皮むきは私の役目と決めている。皮むき役の、役得は生栗を食べられること。噛んだときのあのカキッとした歯ごたえと、噛みしめるほど甘みが滲んでくる独特の味がなんとも言えない。本当は、生栗が一番美味しいと思うのですが・・・。 我が家のマクロビアンが、腕を振るってくれました。佐倉地栗の大きいやつと、全粒粉、地粉、米粉で、「マクロ地栗蒸しケーキ」を完成させました。のっかっている栗が、度迫力で、また生栗とは違った... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/30 21:34
健康いっぱい! マクロ水餃子
我が家のマクロビアンの得意料理「マクロ水餃子」。中身は、畑のお肉(大豆)、舞茸、ネギ、それから 庭に自生した無農薬・無肥料の”青紫蘇”・・・・。 ”天然昆布”で出汁をとった、スープの中に、もっちりした餃子がたっぷり入っていた。海藻も添えられて、健康食そのもの。お肉の入った水餃子も美味しいけど、お肉が貴重な時代には、雑穀や野菜ばっかりの餃子だったに違いない。そんな時代は、現代のように、農薬まみれのお野菜でなく、本当に自然栽培の健康野菜で作ったのでしょう。 今の時代、天然ものや、無農薬野菜... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/27 08:04
カマキリの季節、茶色&緑
  我が家の周りは、もう秋一杯である。家の外を、カマキリが闊歩している。茶色のやら、緑色のやら。多分また産卵して、来年もカマキリが一杯になるだろう。自然が、だんだん勢いを増してきているような気がする。 無農薬・無肥料で、ほったらかしの大豆枝豆は、昨日収穫。こだわりのマクロビアンが、玄米豆ご飯で食べていた。他の枝豆より、ずっと美味しいといっていた。(収穫量が、ちょっとだけだったので、既に毒されていて何でも良い私の口には入らず...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/23 09:47
これぞ重茂の”焼うに”!!!
  宮古の従兄弟が、貴重なご馳走を送ってくれた。宮古は重茂産の「焼うに」、宮古弁でいうと「やきかぜ」である。 最近、まがいものが多く出回っているが、「焼うに」の本家は、宮古の重茂だ。重茂は、重茂半島の太平洋の荒波にもまれる本州最東端の町。重茂のワカメも、肉厚で日本一の美味しさだと思う。でも、重茂の「焼うに」は、それ以上だろう。日本一美味しい重茂のワカメを食べて、汚れていない荒波の中で自然に育った「うに」。アワビの貝殻に、ぎっしりと詰められ、やかれた「焼うに」は、磯の香りと、甘さで、食べた人は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/23 08:33
大学発の食、岩手大学雑穀パン大健闘!!
  イノベーション・ジャパン2009。大学の研究室が一堂に会して、研究成果を発信する。毎年、東京フォーラムで開催されている(今年は9/16,17開催)。いま、科学技術の最先端は何か?この歳になっても気持ちは大学生と同じ、ワクワクしながら、毎年出かけている。研究に邁進している若い学生さんたちとの、ざっくばらんな技術的な会話。昔の大学の研究室時代までタイムトリップして若返ってしまう。 今年は一風変わったイベントが仕組まれていた。「大学 食 の祭典」である。なんと大学発信の「食」の提案。大学研究室... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/22 17:06
落花生天日干し中! 佐倉の畑
  佐倉や八街は、落花生の名産地。我が家の近くでも、落花生を植えている農家が多い。今ちょうど収穫期。引っこ抜いて落花生がたくさん付いた根を天日干しにしている。隣の畝には、キャベツ、ショウガ一番奥には背の高い里芋、なんとものどかな秋の風景である。生落花生を塩ゆでした「茹で落花生」は、秋が来たことを告げてくれる。柔らかくて甘い「茹で落花生」は、ビールのおつまみに最高である。自然の恵みに万歳! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/22 10:27
朝食ビュッフェで、「ひっつみ」食べ放題!!!
 盛岡に一泊した。このところ、泊まるときは、市内の「ホテル エース盛岡」にしている。盛岡駅からちょっと歩くが、なにしろ朝食目当て。盛岡名物の、「ひっつみ」が朝食ビュッフェで食べられるからである。そのほか、手作り寄せ豆腐、地元野菜のサラダ、三陸めかぶ、玄米ご飯など、盛岡ならではの食材が多い。写真手前真ん中が「ひっつみ」。美味しくて都合3杯いただきお腹が一杯になりました。手軽なビジネスホテルで、郷土料理、地元食材を、宿泊客に提供するところがもっと増えて欲しいですね。テレビの旅番組にでるような豪勢... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/22 09:08
親父の命日に、孫のマクロおはぎ
 今日は、親父の命日。孫である我が家のマクロビアンが、おじいちゃんの仏前に供えると言って腕をふるった。親父の大好物だった「おはぎ」。故郷宮古の親父は大の甘党で、「おはぎ」や「クルミ餅」など、甘いものには目がなかった。私は、大酒のみだが・・・。 親父にかわいがられた、我が家のマクロビアンは、命日に親父の好きだった「おはぎ」を作るため、昨日から仕込みに大わらわ。有機小豆を水にひたし、他の材料も段取り。 帰宅したら、完成した「マクロおはぎ」が仏壇に供えてあった。宮古では、小豆だけの「おはぎ」だった... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/14 21:16
これぞ宮古の秋刀魚のお刺身ですよ!!!
 昨日は、「宮古の秋刀魚の刺身」の美味しさに、写真を撮るのを忘れてしまった。今日は、あらかじめ撮るぞ心に決めて、従兄弟から送ってもらった、「宮古の秋刀魚」を捌いた。この銀色の艶やかさが解りますか? 口に入れたら、下の上でトロリ。また今日も美味しいお酒がいただけました。我が家のマクロビアン及び家人も、「宮古の秋刀魚の刺身」は、新鮮で癖がなく美味しいと大好評。宮古の旬の幸と、送ってくれた従兄弟に再度感謝を込めて乾杯!!! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/09/12 20:13
行列しないで宮古の秋刀魚を堪能しました!!!!!
  先週の、「目黒の秋刀魚祭り」はで、「宮古の秋刀魚」を東京人にゆずって、涙をのんで帰ってきましたが、なんと、宮古の従兄弟が、「宮古の秋刀魚」をたっぷり送ってくれました。  大きな銀色に光った「宮古の秋刀魚」。先週のブログで、目黒まで出かけて「宮古の秋刀魚」を食べられなかったのを知って送ってくれたという。感謝感激!!!   さっそく、まずは「刺身」を作りました。皮もするりと剥けて鮮度抜群。ショウガで食べたら、まぐろの大トロもかなわないほどの味、日本酒が美味しく飲めました。「宮古の秋刀魚... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/12 07:15
目黒は凄いことになっていた!!! 宮古の秋刀魚!!!
  目黒駅前で、第14回「目黒のさんま祭り」。昨日、”出没!アド街ック天国”で放送され、”東京新聞”でも、でかでかと煽っていたから、多分凄いことになるだろうと思って、早めに行ってみた。目黒駅をおりたら、もう香ばしい匂いが漂ってきた。 宮古の炭火焼き秋刀魚の配布は、10時からという予定。 9時半前に目黒着。これはなんだ!!?? 仰天である。長蛇の列、最後部は何処かと、試しに歩いてみた。おいおいなんと10分以上歩いた。目黒駅前から、目黒通りを白金方向に向かい、高速道路にぶつかって右折して下って、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/06 13:35
今日は無農薬甘とうがらし 明日は目黒の秋刀魚!!!
 猫の額みたいな庭の”甘とうがらし”、無肥料、無農薬で、我が家得意のほったらかし自然栽培。先週も大きなやつを3本収穫し、炒めていただきました。今日は5本収穫予定。我が家のマクロビアンは、”とうがらし系”は苦手なようなので、私が独り占め。あぶって、私の万能薬”キパワーソルト”をふりかけ、ぐっと一杯やる予定です。 明日は、我が故郷宮古の秋刀魚が、東京を席巻する「目黒の秋刀魚祭り」が目黒駅近くで開催予定。なんと宮古の秋刀魚が、6,000匹も押しかけ、”宮古の塩”(これも美味しいです)をふりかけ、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/09/05 08:55
ちょっと涼しい夏の夜は、マクロの健康稲荷寿司です!!!
   昨日の猛暑とうって変わって、今日は、肌寒いくらい。衆議院の投票所に出かけ、義務を果たして、夕食は、我が家のマクロビアンが、「生麩のあんかけ」と、「マクロいなり寿司」を作ってくれた。生麩は、金沢の不室屋さん の、加賀生麩。金沢近江市場の近くの、加賀麩の老舗の生麩だから、あんかけにも良く馴染む。文句なしに美味しかった。 年寄りがうれしかった のは、マクロビアン特製の「いなり寿司」。 マクロビアンの使う材料は、”油揚げ”は、消泡剤を使わない有機大豆製、玄米ご飯に、ひじき、切り干し大根、原木椎茸... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/30 19:03
お盆には、マクロビアンの精進料理
 お盆の料理といえば、故郷・宮古では、漁港でありながら、昔は、精進料理だった。今は、そんな風習も無くなっていると思う。 お祖母さんは、お煮染めを作り、こんにゃくの刺身やら、そしてお墓掃除は**日、松明かしは、いついつと決まっており、ともかく昔からの、お盆の習わしを忠実に守る人だった。多分今の宮古でも、そんな習わしを忠実に守っている人たちがいると思う。そんな地域の伝統は大切にしていきたいですね。 我が家の、マクロビアンが、お盆だから?身体に優しい、精進料理を作ってくれた。「有機豆腐ステーキ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/15 17:11
宮古の味、「ほや」の酢の物!!! お酒が美味しい!
故郷・宮古には、なかなか帰れないけど、せめてこっちで宮古風を味わいたい。 近所の食品スーパーに行ったら、なんと殻付きの「ほや」が目に入った。しなびていなくて、プリプリしている。三陸直送とある。宮古産じゃないかも知れないけど、三陸産とあっては、手に入れなければと、家人の了解をとって買った。家人は、宮古出身じゃないので、「ほや」は苦手。でも、宮古に行ったときは、臭みが無くて美味しい、と言って食べていた。そりゃー宮古で食べる「ほや」と、関東まで送られてきた「ほや」とは、味が天と地ほど違うから... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/15 06:59
マクロビアンでも満足? 台湾屋台料理
 横浜中華街、中華料理は肉、油を多用してるので、マクロビアンには苦手。 と、思っていましたが、精進料理があって、肉は一切使わないという。にぎやかでごった返している中華街中心部から、ちょっと外れたところに、そのお店はありました。我が家のマクロビアンが、中華街にきたとき、食べられるものがあるかどうかの、親心リサーチです。 台湾屋台料理と銘打った「生福園」というお店。小さなお店、私は、純なマクロビアンではないので、お勧めの「ミルク麺」を、家人は、「野菜たっぷりの焼きそば(メニューに無かったけど作っ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/14 09:04
無農薬:南高梅と白加賀 梅干しの天日干し
 我が家のマクロビアンが、今年も、安全・安心・本物の”梅干し”を漬け込んでいる。無農薬栽培の農家の方から、直送してもらった、大粒の「南高梅」と「白加賀」、それを「海の精」なる天然塩で漬け込み、地元佐倉産の赤紫蘇を使いと、本物の「無農薬・無添加の梅干し」。 梅雨の続きみたいな天候が続き、天日干しが出来なかったが、今日やっと天日干し。風にのって、梅の香りが流れてくる。きっと美味しい”梅干し”が出来るでしょう。 我が故郷・宮古の実家でも、子供の頃から、亡き祖母が、手作りの梅干しを作り、母が、その味... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/12 12:56
完全無農薬・自然栽培(完全ほったらかし)茗荷の季節だ!!!
 我が家の、「完全無農薬・自然栽培(完全ほったらかし)の茗荷」が、大きな花を咲かせていた。春は、「蕗の薹」で楽しませてもらったが、今度は「茗荷」。土と季節の恵みですね。やぶ蚊がぶんぶんいて、むき出しの手は虫刺されだらけになって、かゆいかゆいだったが、旬の茗荷を味わいたい一心。花の咲いているのだけ、摘ませてもらった。 本当なら、岩手北上山地の蕎麦粉で、蕎麦を打って、ざる蕎麦の薬味にいきたいところ。ところが、残念ながら岩手北上山地の蕎麦粉が切れている。今日は、横浜グリーンエキスポで入手した、「有... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/01 10:15
成田参道は、ますます伝統文化重視か?
 成田山の参道は、正月お参りしたときと、大分趣が変わっていた。北総の造り酒屋では、下総神崎の寺田本家とならんで有名な、成田の地酒「長命泉」。参道のお店は、たしか正月来たときは、店先で試飲をさしてくれ、奥はお酒の陳列が主体だったけど。 今 おおきな樽がでんと控え、杜氏の使う道具やら、酒造りの歴史やら、ミニ博物館の様相。いいですねえ。世界に誇れる、古来からの日本の食文化の伝統「発酵」が、参道脇で紹介されている。成田はウナギの蒲焼きも良いけど、やはり古代から日本人を支えてくれたのは納豆、漬け物など... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/26 13:13
日替わりランチのお寿司がGOODでした
 横浜は桜木町、ちょうど昼飯どき。ランドマークやクィーンズスクェアまで行けば、しゃれたレストランがあるけど、高いしなあ。つれと一緒に、立ち食い蕎麦と言うわけにもいかず、というわけで、桜木町駅周辺の食べ物屋を物色。横浜まで来て、全国チェーン店の中華料理もなんだなあ。と思いながら、ふっととなりの寿司屋さんのメニュー。この間来たときは土曜日で、多分ランチメニューはなかったのでしょうが、金曜だったので日替わりランチの張り出し広告、にぎり寿司に茶碗蒸し、サラダ、小鉢、みそ汁つきで、なんと680円という... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/11 09:09
クレオパトラの香り&羊肉のトマト煮
  「海のエジプト展」が、横浜パシフィコで開催されている。狙いは、「クレオパトラの香り」と「エジプトチャイナ料理」。 香りは専門コーナーもあったが、展示物を見ているとき、ふーっと芳しい香りが流れたので周りを見渡したが、そんな神秘的な香りが似合うような女性はいない。あれっと思ったら壁に、「クレオパトラの香り」を流しているとの掲示あり。納得、こんな香りが似合うような女性がいたら、すぐ後をついて歩く事になるでしょう。カエサルやアントニウスが、まいってしまったのもわかりますね。自然の恵みだけで作られ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/11 07:45
マクロのエジプト風リゾット
  我が家のマクロビアンの、エジプト風リゾット。 無農薬玄米をベースに、有機野菜(黄・赤トマト、ニンニク、舞茸、タマネギ、キャベツ)のみじん切り、塩分は「海の精」、アクセントは、我が猫の額の庭にある「ほったらかし自然栽培パセリ、ローズマリー、バジル」。マクロの教科書にあるようなエジプト風リゾットである。飲んべえ親爺でも、美味しく食べられました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/10 06:49
自然食ビュッフェは大繁盛!、不忍池屋台は?
  上野界隈で、数少ない自然食ビュッフェの店。 若い連中で一杯だった。 刺身、海老、蟹、牛肉の類は殆どないが、ビュッフェテーブルは、野菜や精進料理風一色。無農薬野菜もとりいれているらしい。ご飯は古代米かはじめ4種類。讃岐うどんもあった。 でもここで気に入ったのは、「梅酒100種類飲み放題」!!!。梅酒と言えば、自家製のホワイトリカーベースだけだと思っていたけど、なんと日本酒、焼酎、ブランデー色んなベースの梅酒がずらり。目移りしてしようがない。片っ端から飲もうと思ったけど、結構強いので、100... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/28 06:51
ガンダム&お好み焼きロボット お台場を占領!!!
  「ガンダム」がお台場に巨大な姿を現した、そしてビッグサイトでは。、”ロボット”が”お好み焼き”を調理 「ガンダム」は、アムロが中に入って思い通りに、「ガンダム」の巨体を操縦していた。現代の、人体の神経系から動かす義足・義手などは良く似た発想なのだろう。 「ガンダム」がヒットした時代、まだ人型ロボットはいなかった。せいぜい自動溶接機やら自動機械があったけど、”お好み焼き”まで焼いてしまうとは驚いた。職人の技を学習記憶させたプログラムで、多数のセンサーを働かせ、素人が焼き上げるよりはるかに再... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/13 19:54
「まんぼうの腸」は故郷宮古の味
  「マンボウの腸」は、昔宮古の食材としては一般的だったと記憶している。祖母が良く料理してくれた。湯がいた後、千切りにしてからし酢味噌で食べる。食感がなんとも言えず子供ながら美味しく感じたものだ。 こちらに出てきてから「マンボウの腸」などは忘れていたが、4年ほど前、あの御徒町の”お魚デパート吉池”で発見した。即購入して、故郷宮古のお祖母さんの味を噛みしめた。日本酒のおつまみとしては最高、あわびやまぐろなど寄せ付けない力強さを持っている。 先日も”吉池”に寄ったら、コーナーに並んでいたので、た... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/07 17:20
宇宙でも、たこ焼き??!!!
                                                   JAXAのPRブース。人だかりがしているのは、「宇宙食」と「宇宙グッズ」のコーナー。 若田さんらの参画・活躍で、「宇宙食」も日本版が数多く登場していた。たこ焼き、大学いも、ライスケーキ(お餅) いずれもワンパック500〜600円で販売されていた。材料はいろんなものを使っており自然食というわけにはまだ行かないようだ。宇宙食に、栄養と美味しさたっぶりの宮古・川井の雑穀が使われたらすばりしいのにね。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/06 06:00
Natural Life Market in 大多喜 09.5.31
「ナチュラルライフマーケット」が、里見八犬伝で有名な千葉県大多喜町のハーブ園で開催された。ハーブ園の広大な温室の中が、ナチュラル系のお店で一杯。我が家のマクロビアンたちと出かけたが、私の狙いは、お野菜ならぬ、野生のイノシシのソーセージ。あった!。とぐろを巻いたイノシシのソーセージが、ジュージュー言っている。早速購入し持参のタッパーに。持参した”宮古の塩”を振って、缶ビールを一杯。千葉・大多喜町のイノシシソーセージと、”宮古の塩”が抜群のハーモニーで、お酒が進んだ。 マクロビアンのカリスマ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/31 19:36
岩手雑穀バーガー、ラディッシュサラダ添え
 我が家の無農薬栽培のラディッシュ入りサラダと、宮古の従兄弟が送ってくれた、川井村(もうすぐ宮古市と合併)の雑穀が、たっぷり入った玄米バーガー。マクロビアンの健康ディナー。 わが故郷岩手の北上山系で育った雑穀と思うと、かみしめて味わう。つぶつぶ感が舌の上で踊り絶妙の食感だった。 サラダは無農薬野菜。我が家のラディッシュは、赤いアクセントを添え、またことのほか美味しかった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/05/31 06:11
”自生よもぎ”の柏餅 江戸時代風??
    我が家のマクロビアンの「柏餅」。 またも、ほったらかしで勝手に自生した(完全無農薬、無化学肥料)”よもぎ”が、餅の生地に入って自己主張していた。生地は、玄米粉と上新粉と”自生よもぎ”。餡は、小豆を「玄米飴」でちょっと甘くしてある。売っている「柏餅」みたいに甘くないけど、多分砂糖のなかった江戸時代なんかは、こんな「柏餅」を食べていたのかなあと思いつつ美味しく戴きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/23 08:24
紫蘇ベジ餃子 ぷりぷり
 今日は、マクロビアンのプリプリ餃子。大豆ミート、白菜、ニラ、シメジなど全部無農薬に、極め付きは、我が家の「三年自生紫蘇の葉」、これは保証付きの完全無農薬自然栽培ならぬ勝手生育の紫蘇が入った”マクロ餃子”。自己主張しているのは我が家の紫蘇だ。鋭いアクセントを添えてくれて”マクロ餃子”が食卓の主人公になる。たくましい自生のエネルギーは凄いと感じた。自分も、その逞しさを欲しいものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/17 19:29
年寄り向き マクロ豆腐あんかけ
  我が家のマクロビアンの、年寄り向き「マクロ豆腐あんかけ」。私が歯が悪いので、柔らかな料理を、我が家のマクロビアンが作ってくれた。「有機豆腐と有機野菜のマクロ豆腐あんかけ」。にんじんも薄く切ってあり、味付けもいつものマクロなら薄いけど、のんべー親父向きに濃くしてくれたので、大満足で健康食を戴きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/17 07:13
お茶の水は健康食の街?!でも健康パンは岩手銀河プラザが最高!!!
 家にいるマクロビアンに影響されて、いい年の爺さんが自然食に目覚めた? 家人から言われて、健康食品を都内で探し回り結構詳しくなった。自然食材や調味料など揃えるなら、お茶の水界隈が便利、ナチュラルストアである「ガイア」、「マザーズ」があり、買い回りが出来る。泥臭さを感じる「ガイア」と、しゃれたコンビニ風の「マザーズ」とは好対照である。自然食材は、各県のアンテナショップでも、最近は無農薬、無添加などと謳って品揃えするようになってきた。 先日は家のマクロビアンに進められて、自然食のランチを外食して... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/10 07:27
北上山地 山菜ばんざい!
 昨日、宮古の従兄弟から、あこがれの故郷の山菜がどっさり届いた。すべて北上山地の大自然の中で育った、香り豊かな春の味である。 「しどけ」、「たらの芽」、「やまうど」、「うるい」、「こしあぶら」。 近い内に、我が故郷宮古市と合併する話しが進んでいる北上山地中央部の川井村で採れた山菜。道の駅「川井村やまびこ産直館」で、”山菜市”が開催され、従兄弟と叔父が、わざわざ出かけ、手にいれて送ってくれた。感激の故郷の味。北上山地の山間部で、冷たい空気と澄んだ水で育った山菜は、香りと味が格別だ。感謝していた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/06 18:44
岩手雑穀コロッケ
”岩手もち粟”と、健康野菜がたっぷり入った”雑穀コロッケ”。 我が家のマクロビアンの作品。前回はキャベツロールだったが、今度は同じような材料が”コロッケ”に変身している。 添えられていたマクロ特製ホワイトソース(材料なんだろう?聞くのを忘れました)をつけていただいた。表面サクッ、中はつぶつぶ感の残ったクリーミー。なかなかの味わいだった。 揚げ油は”一番絞り菜種サラダ油”で、これも健康に良いらしい。 添え野菜には、我が家のプランターで栽培中の”ラディッシュの赤ちゃん”(間引いたやつ)の”... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/05 07:06
築地半値市&岩手銀河プラザ
   今日は、恒例の”築地場外市場の半値市”。 10時からだが、9時半前に着いたら、人気の卵焼店は長蛇の列。いつも600円が半値の300円。当然列にならんで30分間がまんしてゲット。 通路は、この間のアメ横の比ではなく、恐ろしくなるくらいの密集状態。結構なお年寄りまで繰り出している。金目鯛の一夜干し2枚500円は、私の後ろの人までで売り切れ。すごく得をした気分。  場外市場の人混みに疲れ、抜け出して帰路。当然、”岩手銀河プラザ”に寄る。築地帰りの人々で、”銀河プラザ”もいつもより混んでいる。先... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/04 17:16
岩手雑穀 つぶつぶキャベツロール
  ”マクロキャベツロール”、またまた我が家のマクロビアンの自慢料理。岩手の雑穀、「もち粟」と原木椎茸、有機にんじん、有機タマネギ、有機ゴボウが春キャベツに包まれている。「もち粟」のつぶつぶ感がほおばった瞬間口一杯に広がる。さすが雑穀王国岩手の「もち粟」、つぶつぶの感触がたまらない。 わが故郷宮古では、稗や粟が大量に入ったご飯を食べ貧しいからかなあと感じたものだったけど、マクロビアンは、貧しい土地で育った「もち粟」を、”ロールキャベツ”に仕上げてくれた。”ロールキャベツ”なんて田舎では食べた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/01 19:29
久慈in八重洲
 ”久慈”が東京八重洲の丸善横のさくら通りにやってきた。黒豆ケーキ、昆布、山ぶどうジュース、”鮑の塩辛”・・・北三陸の山海の幸を一杯広げた。 久慈名産の”黒豆ゼリー”は、自然派の人たちのブランドショップである”ナチュラルハウス”の定番商品である。添加物なしの良品。 そして”鮑の塩辛”は、三陸鮑の分厚い削ぎきりを、鮑の肝(としる)と海の塩で漬け込んだ混じりっけなしの逸品。これをつまみに南部の地酒をぐいっとやたら最高!!! ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/21 22:05
マクロビオティックどらやき
 我が家のマクロビアンの秀作”どらやき”。 マクロだから、やはり、砂糖は使っていない。 小豆、全粒粉小麦粉はこだわりの国産品。砂糖の代わりに、米飴を使っている。 上野「うさぎや」のどら焼きも甘く美味しくて好きだけど、我が家のは、甘さがほんのり。すぐぺろりと食べてしまった。 小豆の解毒効果が身体にしみ入るような一品。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/18 16:56
関東産の山菜”しどけ”???
 上野御徒町の吉池で、目を疑ってしまった。東北でしかとれないと思っていた稀少高級山菜の”しどけ”、なんと千葉産とあった。本家東北直送の”しどけ”の1/3の値段で売っている。栽培ものである。”しどけ”などの山菜は、その独特の香りとミネラル分を、東北の厳しい寒さの土の中で蓄え、春と共に自然一杯の奥山に芽を伸ばすと思っていたが、気候も土もまるっきり違う千葉で栽培し始め市場に流通しているとは仰天だ。故郷宮古で小さい時食べた”しどけ”は、北上山系の自然のなかで育った、あのくせのある香りが強烈に自己主張... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/12 15:50
自然栽培よもぎ?のだんご
  我が家の自然栽培の”よもぎ”(勝手に自生、ほったらかし、当然無農薬)を、我が家のマクロビアンが、”よもぎだんご”に変身させた。”みたらしよもぎだんご”および”きな粉よもぎだんご”の完成。口の中で”よもぎ”の香りがはじけた。市販の、着色剤など使った”よもぎだんご”とはひと味違うし安全だよね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/11 16:30
宮古花柳界伝承の味:”ほろほろ”
   亡き祖母は、その昔、宮古花柳界のスターだったと聞いている。その祖母は、自分の舌で覚えた花柳界の味覚を、器用に料理して私たちに食べさせてくれた。その中の一品、”ほろほろ”は、我が家伝来の”春の味”として佐倉で生き残っている。今風にいうと”マクロビオティックふりかけ”である。 亡き親父が、わざわざ宮古の家の庭から持ってきてくれた”うこぎ”の苗が、佐倉の土に根をはり、初夏の陽気に驚いて新芽(おこぎの萌)が一気に大きくなった。山椒の新芽も、呼応するように一緒に出始めた。 ”ほろほろ”作りのチャ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/11 15:38
岩手は地球を救えるか(その10) ”鰹の心臓”
   ”鰹の心臓”、東京御徒町の食品デパート吉池で、1個20円で売っていた。思い出した、幼い頃の宮古を。 おばあさんが、串に刺して焼いた得たいのしれないものをおやつにくれた。香ばしくて、塩味がちょうど良く、歯ごたえがあってかみしめるとじわーと美味しい。”鰹の心臓”の串焼きだ。その当時宮古では多分苦労しなくても手に入ったのだろう。金持ちは鰹の身をたべ、うちらのような貧乏人たちは、中落ちや心臓がごちそう。多分、貧しい岩手だから、内陸部では野菜をあますところなく、宮古など沿岸部では魚介類を余すところ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/22 08:49
お酒に最高、岩豆腐の味噌漬け
 岩手銀河プラザに、岩手産の大豆を使った地元の豆腐に並んで”岩豆腐”なる豆腐が並んでいる。見るからにどっしりした風情で、手に持つと重い。岩手の地元の大豆をふんだんに使いこれでもかと言うくらい大豆が濃縮した”岩豆腐”。きっと、我が家のマクロビオテシャンの手にかかったら、あの沖縄のチーズみたいな豆腐に変化するのではないかと期待して購入。待つこと1週間。晩酌のおつまみに”岩手の岩豆腐の味噌漬け”が現れた。歯ごたえもしっかりして、大豆の味と味噌の味が溶け合って、お酒がおいしかった。本当は岩手の地酒と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/09 21:00
春が来た 無肥料・無農薬の梅が今年も採れるか?
 昨日は、季節はずれの雪が舞い寒い1日だった。今日は、やっと晴れ間がのぞき 庭に出てみたら、つぼんでいた梅の花(左)が本格的に開花し、花桃(右)も負けず に数輪咲いていた。昨年梅は収穫して梅漬けを作り賞味した。我が家の梅は、蕗の 薹とともに確実な無肥料・無農薬栽培である。(ほったらかし)  今、無化学肥料、無農薬の野菜がもてはやされ、オーガニックストアで通常の2倍 くらいの価格で販売されているが、ストアは繁盛している。我が家も時には、そのよう なストアで野菜を買うが、あますところ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/28 12:39
”はっとう”は宮古の味
 以前掲載した、宮古ラーメンのすぐ上に鎮座している宮古の”はっとう”。(岩手銀河プラザの、食品コーナー)。”はっとう”とは、一言でいうと、伊勢うどんのお汁粉みたいなもの。  あまい小豆の中にうどん状のひっつみが入っている。 半世紀以上前に宮古を離れた私の叔母は、”はっとう”が食べたいと良く言う。昔はたいそうなごちそうだったと思う。今は、甘いものがありふれていて、都会の連中は、あまり見向きも しないようだが。でも小豆には解毒作用があるという、岩手地粉と地元産の小豆をつかった ”はっとう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/28 07:00
オーガニックバナナのケーキ
 我が家のマクロビオテシャンが、また身体に優しい美味しいケーキを作成。 有機バナナベースのパウンドケーキ。  オーガニック・バナナと全粒粉と有機木綿豆腐と有機リンゴジュース、アクセントに 穀物コーヒーを使った絶妙のケーキ。  しっとりした食感でバナナの良い香りが鼻を抜けてくる。  化学添加物ゼロの自然派ケーキ。毒まみれの身体が中から浄化されて いくようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/15 19:36
岩手の自然一杯のマクロ・アップルパイ
  家族のひとりは自然派で、しかもマクロバイオテック実践中。   家族が作ったマクロ・アップルパイ。生地の材料は岩手の地粉と全粒粉、塩と紅玉のジュースと菜種油、中身のリンゴは無農薬の紅玉だそうだ。   姿は良いけど、どんな味わいか口に含んだら、なかなかのもの。サクッとして紅玉が甘酸っぱく、パイ生地も甘い。聞いたら砂糖は一切使っていないとの事。まるっきり自然の甘さだ。   さくっと崩れた端の生地粉も、香ばしく、舌の上に心地よい感じ。岩手の恵みいっぱい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/11 17:27

トップへ | みんなの「料理」ブログ

ありのまま、自然に 料理のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる