北のタケノコ、焼き姫筍(曲がり竹)に自家製2年味噌、最高の味でした!!!

画像

  新富町の青森ショップで野生の「姫筍」を見つけ、たまらず入手。孟宗竹の筍に比べたら高価ですが、あくがなく、そのまま焼ける、今しか味わえない北の筍の甘みと香り。早速、そのまま火に炙りました。竹の皮の焦げる良い香りが漂い始めたら食べ頃。今回は、折角の青森の山で自生していた「姫筍」でしたので、我が家のマクロビアンが丹誠込めて仕込んだ有機2年味噌を少し分けてもらいました。「姫筍」の皮を剥くと、湯気と共に筍の香りが立ちこめ、もう舌なめずりです。「有機2年味噌」をちょと付けて口に入れたら、歯触り、甘み、香り、味噌の旨味、全部がハーモニーです。ちょっと肌寒かったので、ぬる燗の日本酒、よく合った春の贅沢なおつまみでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック