南部蕎麦、やはり「もり蕎麦」と「掛け蕎麦」が一番ですね

盛岡(その6)
画像

 岩山、渋民村、岩手山とまわったあとは、弟の推奨する「南部手打ち蕎麦」屋さんへ。たしか大分前にやはり弟が連れてきてくれたお店です。 「そば真」という小さなお店です。打った蕎麦がなくなったら閉店ということ。蕎麦好きの私は、迷わず贅沢に、「もり蕎麦」と「かけ蕎麦」です。美味しいお蕎麦なら、この組み合わせが一番でしょう。蕎麦の香りが口中に広がり、喉越しも良く、あっという間に完食でした。こんな美味しい蕎麦が食べられる盛岡の人は幸せですね。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック