宮古の正月の伝統、クルミ餅の準備です! クルミの殻割りです。

画像

  我が家のお正月のお雑煮は、故郷宮古風をずっと続けています。本来なら正月三が日の料理のパターンがあったはずなのですが、元旦の朝の宮古風お雑煮だけが我が家で残っています。宮古のお雑煮の食べ方を、よその人に話すとびっくりしますね。普通はお雑煮のまま食べるお餅を汁から取り出してクルミのタレに浸けて食べるなんて、家人だって最初は仰天してましたから。今では子供達も、これが宮古風のお雑煮だと受け入れてくれています。家人東京育ちなので、2日目は、東京風の雑煮。 老夫婦、お互い育った環境が違うのだから譲り合いながらの生活が円満の秘訣ですね。 ところで、クルミ餅に使うクルミは市販の剥きクルミ擂り鉢で摺っていたのですが、家人及びマクロビアンが、殻付きのクルミから始めたほうが良いというお話。確かに産地が解る殻付きクルミなら安心ですが、飲んべえ親爺の手間は増えるばかり。でもおおせに従って、今回は青森産の殻付きクルミを購入。(東銀座の銀河プラザにいけば、岩手産を買えるのですが出かける時間がありませんでした) 例の縄文式クルミ割り(加熱して殻の口を開ける)で割りました。実を出して正月に備えます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック