テーマ:環境

素晴らしい夕日、蘇洲の自然、蘇洲の友人からのメール

  中国の友人K氏からの年賀状に添付されてきた、素晴らしい夕日の風景。上から「K氏の通勤途上の小さな湖の夕日」、「太湖の夕日」、「太湖湿地公園の夕日」。いずれも素晴らしい夕日ですね。中国ビジネスの最先端を走っているK氏が、こんな素晴らしいショットを撮るなんて信じられないですが、自然に目を向けてくれているということは、良い事で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「浄土ヶ浜」の雪景色が、佐倉の家で見れるなんて!

 岩手日報のホームページで、この間の豪雨の影響で、宮古の津軽石川の正月の「鮭祭り」は中止とのニュース。また朝のテレビ天気予報で、宮古も雪マークがついていたので、めずらしく雪かなあと思って、宮古関連のホームページなどネットサーフィン開始。改めて宮古の自然と向かい合わせの生活が伝わってきました。岩泉線の復旧は、まだ先のようですね。あの凄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これが「宮古のイクラ(はらこ)」、ぷりぷり、つやつや です!! イクラ丼が最高!!!

 故郷宮古の従兄弟が、お正月の素晴らしいプレゼントを送ってくれました。宮古の「はらこ(イクラ)」です。今年は、鮭が不漁で貴重な「はらこ(イクラ)」です。そういえば、宮古では今年は、お魚の水揚げに大きな異変が起きた年でした。まずは「宮古の秋刀魚」の不漁です。このため恒例の「目黒の秋刀魚祭り」の開催が危ぶまれるほどでした。結局例年の水揚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頑張っています!!! 冬のカマキリ

 朝、晩は凄い寒さですが、日中、日が照ると日の当たっている所は結構暖かいですね。我が家のどこかにいた「かまきり」が日射しに誘われて出てきたようです。大分頑張っていたようで、ちょっとちょっかい出したら戦闘モードになって、鎌を構えていましたから、元気なものです。 「水仙」」が咲いたのもそうですが、この季節にいないはずの「かまきり」を見る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が家の水仙が咲きました、紅葉の冬なのに?

  我が家の猫の額の庭、放りっぱなし状態なので自然のまま???  朝見たら、「水仙」が咲いていました。冬真っ盛りになって来て、紅葉も散って、木は殆ど裸同然になってきているのに・・・・。 山吹の黄色くなった葉っぱの側で、白い「水仙」が咲いているなんて、四季が良く判らなくなってきてますね。これも地球温暖化による気候変動の影響かな?と、飲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

故郷宮古の紅葉、宮古は「海」だけじゃ無いですよ!!!

 宮古の従兄弟が、故郷の秋の風景を送ってくれました。宮古の山は、もう紅葉の真っ盛り。上の写真は、愛宕小学校の裏山の国道からの撮影とのこと。せり出している山の中腹には、小さい頃良く遊んだ「愛宕神社」が紅葉に埋もれています。左前方には、あの「黄金伝説」で有名な「ラサの煙突」が見えています。下の写真は閉伊川河口から見た、紅葉風景。 閉伊川…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉港は、宮古の海と違うけど、でも海は良いですね!!!

  知人に会うため千葉駅へ。たっぷり時間があったので、千葉駅から千葉港まで歩いてみました。30分近くかかったのですが、港が近づくとやはり海の匂いがしてきました。故郷宮古の海の匂いと違った?都会の海の匂いですね。宮古の海の匂いは潮の香りですが、千葉港の匂いはちょっと違っている感じです。でも埠頭に寄せる波の音と心地よい風は、やはり海だな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家周辺の秋 蜘蛛、飛来松、青いままのミニトマト

 ひさしぶりに、家の回りをうろつきました。もう秋が深まり冬支度の開始のようです。蜘蛛は相変わらず、大きく蜘蛛の巣を張っていますが、餌の虫の飛来は少なそう。でも蜘蛛の大きさからみると、犠牲になった虫は多そうですね。  春、どこからか飛来して、家の裏で芽吹いた松、少しは大きくなりました。様子からみると赤松とは違うようです。冬を無事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笠間近くの産直店で買った大粒の栗、我が家の「渋皮煮」

  先週、笠間に出かけたとき、帰り道に産直店で地元産の大粒の栗を入手しました。鮮度が良く、とてつもなく大きかったので、半分は定番の栗ご飯。そして半分は、家人達が「渋皮煮」に挑戦です。栗の皮むきは、飲んべえ親爺の仕事。この仕事は結構大変なんだけど、ちっとも感謝されませんね。 栗ご飯用は、きっちり渋皮まで取ってきれいにする必要があり力仕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天を仰いで、寝っ転がれた笠間芸術の森公園、草の匂いと・・・。

 今日は佐倉は、台風の影響で、大雨で風も強く、外に出かけるのもままならず。このところ秋晴れなんて殆どないし、この季節に台風なんて、本当に異常気象ですね。 温暖化により地球全体のバランスが着実に狂って来ていると思うと恐ろしくなります。今一度自分たちの生活で温暖化防止につながることを、一つでも二つでも実行していかないといけないですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笠間マクロ蕎麦屋さんの前には柿の木、そして柿の天ぷら!?!?

  笠間のマクロ蕎麦屋「和味」の縁側の前は大きくひらけた畑、庭には柿の木。まるで田舎の一軒家のようなお蕎麦屋さんです。座敷に並べられた座卓に向い、ひょっと外を見たら柿の木に、実がぶら下がっています。なんか昔田舎でみたような景色。 我が家のマクロビアンは「野菜天ぷら付きせいろ」を注文。無農薬野菜の天ぷらということです。 山盛りの揚げた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笠間 マクロ蕎麦屋「和味」さん、本格的な古流蕎麦屋さんでした!!!

 先週、家人達が笠間にでかけると言う。焼き物はあまり興味ないけど、美味しい手打ち蕎麦が食べられるという言葉に釣られて同行しました。丘のふもとにある、民家風の蕎麦屋さん「和味(なごみ)」。 笠間には手打ち蕎麦屋さんがたくさんあるけど、なぜ「和味」かというと、我が家のマクロビアンのご推奨だからです。蕎麦は石臼挽き自家製粉の「十割蕎麦」で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

故郷宮古の「八戸穴」はカプリ島の「青の洞窟」を抜いた?!?!

 JAFの機関誌、JAF Mate の11月号。表紙の写真は、なんと故郷宮古の「八戸穴」でした。 岩手県特集で、岩手は「ワンダーランド!」ということです。 宮古で育った私には、特にワンダーランドなんていう気はしませんが、自然が失われ、人工の中で育ってきた人たちには、そう見えるかもしれませんね。 故郷宮古の「八戸穴」は、なんで八戸の名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「バニーマタル」 イエーメンモカの挽きたての香りに酔ってしまいました!

 グローバルフェスタで入手した「バニーマタル」。 シバの女王の国、アラビア半島の先端、イエーメンの首都サヌアの郊外バニーマタル地区にだけ生育するモカコーヒー。香りを楽しもうと封を切りました。普段は挽いたコーヒー粉を買ってドリップしているのですが、「バニーマタル」は、豆を買ってきました。どうしてって、豆をミルで挽いたときの香りも楽しみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮古湾にヨット、気持ちよい宮古の秋ですね

  宮古の従兄弟が、また気持ち良い写真を送ってくれました。今度は宮古湾での高校生のヨットレース。宮古湾で風を一杯に受けたヨットの姿、目の前で見れたら最高でしょうね。潮の匂い一杯の風を頬に受けながら・・・。 従兄弟の父(私の叔父)は、造船所に勤めていて、私が大学時代帰省したとき、叔父が設計製作したヨットに乗せてもらった記憶があります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮古に、「秋刀魚船」が入港、「ウミネコ」大喜び!!!

 宮古の従兄弟が送ってくれた写真です。昨日の、宮古漁港。久しぶりの喧噪さに、従兄弟も何事かと岸壁近くまで行ってみたそうです。大漁で重そうに、でも堂々と入港してくる秋刀魚船(上の写真)が、見えたそうです。従兄弟は岸壁での秋刀魚の水揚げ、そしてトラックで搬送まで写真を撮ってくれました。しかも宮古ならではのウミネコさんも。宮古湾や浄土ヶ浜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペルーの秘境アチャマル村の無農薬栽培コーヒー生豆が欲しい!!!

 グローバルフェスタでは、アフリカ、中近東、アジア、南米などから、コーヒーがたくさん出品されていました。狙っていたのは、焙煎前のコーヒーの生豆。 半世紀ぐらい前、弟がコーヒー輸入商社に勤めていて、コーヒーの生豆を少し分けてもらい自己流で焙煎してすぐミルで挽いてドリップ。その香りの素晴らしさにうっとりしたことがありました。 殆ど生豆に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シバの女王の国、イエーメンはコーヒーの産地

 グローバルフェスタの大使館テント。アラビア服に、あの短剣を腰につけた人形が目につきました。イエーメン大使館のテントです。この飲んべえ親爺のあこがれの国イエーメンのブースでした。アラビア半島の端にあり半島の中では唯一自然に恵まれている国、アラビア半島の他の地域は殆ど灼熱砂漠、イエーメンは豊かな国。 「シバの女王」の国であり、天然香料…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やはり、まだ地雷除去が必要な戦乱で疲弊した国々 グローバルフェスタ

  グローバルフェスタのテーマである、MDGs。その目標が達成されることによって、救われる人々の多くは、アジア、中近東、アフリカで生活しています。それらの国々の中には、戦乱が続いた地域が多く、農地開拓したくても、まだ地雷が埋まっている状態。 このNPO「日本地雷処理を支援する会」は、ラオス、アンゴラ、カンボジア、アフガニスタンなどで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒い大きな瞳のイランちゃんの国の特産は、ピスタチオにザクロ

 グローバルフェスタで、とびっきりの美人さんがいらっしゃたのが、イランの障害者への支援をするNPOのコーナー。 イランの女性は黒い大きな瞳で凄い美人が多いと聞いていましたが、このコーナーの前にたむろしていた女性達はまさに美人のイランちゃん達。写真撮りたかったけど、イスラムの女性の写真を撮るのは御法度のはずなので止めました。 コーナー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グローバルフェスタでアフリカンドラムが響いて来た! セネガルの家族達

 グローバルフェスタ(日比谷公園)の中庭は、アジア・アフリカ・中近東の大使館のテント地帯。突然アフリカンドラムの音が鳴り響いてきたので、急いで中庭のほうへ。 軽快なリズムで自然に身体が動いてしまう感じです。人類の発祥の地がアフリカという事ですから、人類本来のDNAに響いてくるリズムなのかも知れませんね。 その響きは、セネガル大使館の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワニのバーベキュー!!! 食べ損ないました。 グローバルフェスタ

  グローバルフェスタ(日比谷公園)。心残りの一品?でした。 「ワニのバーベキュー」。グローバルフェスタ正面入り口から近い場所にある、飲食関係のブース。最初に目についたのはアフリカンバー、なんと「ワニのバーベキュー」「ダチョウのバーベキュー」です。ギョッとするバーベキューですね、特にワニは!。一串600円は、ちょっと高いかなと思った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボインボインのスリランカ姉御?と値切り合戦、勝負は? グローバルフェスタ

  グローバル・フェスタ会場で、店を見ながら歩いていたら、突然ちょっと黒いボインボインのお姉さんが近寄って来ました。圧倒的な迫力なので?躊躇して立ち止まったら、スリランカの紅茶は美味しいよと来ました。 スリランカの紅茶のティーバッグと缶入りを手にしてPR。 缶入りの紅茶の値段を聞いたら、「ワンサウザンドスリーハンドレッド」と来ました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アジア学院 無農薬栽培から発酵まで手作りの「醤油」 グローバルフェスタ

  グローバルフェスタ(於:日比谷公園)での「アジア学院」のブース。那須塩原にある国際人材養成機関で、アジア・アフリカなどの農村地域から、その地に根ざした活動をしている農村の若者を招き、有機農法を中心とした指導を行っていることで有名です。 「アジア学院」の名前は知っていたのですが、その活動をしている若者達を見たのは初めてです。目を引…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”ラクダ肉”のシチュー エチオピアB級グルメ グローバルフェスタ

 日比谷公園で開催のグローバルフェスタ。 各国のB級グルメが勢揃いしています。ミレニアム開発目標の、一つが、飢餓の撲滅 だからじゃありませんが、ちょうど昼時、自分の飢餓を救うため?各国屋台を物色。 エチオピアのB級グルメと表して、「ラクダ肉」のシチューがありました。一皿500円。お肉が4切れ入っており、シチューの味は別に特徴はありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日比谷公園 グローバルフェスタは天候に恵まれました!

 グローバルフェスタ2010が日比谷公園で開かれました。良い天気だし、日比谷公園は緑が多いからと、つい出かけてしまいした。 日比谷公園は、各国の大使館の出店があり、色んな民族衣装が闊歩していたり、最近幅を利かせている中国系の人たちよりは、ブラックの方々が多かったんでホッとしました。 このフェスタは、国連できめたMDGs(Millen…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発見 流浪の、ど根性「にら」!!!

  近くの道路の石垣に下、見たことのある花を発見。もしやと思って、葉っぱをちぎって臭いを嗅いだら、まぎれもない「にら」です。 我が家では、どこからか飛んできた「にら」から採取した種で、二世が育ちました。(ほったらかし栽培) 一部家人が採取して、「にら玉」でいただきました。また種を採取しようと、ちょっとだけ残してあります。三世までいっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

根津神社、池の鯉も亀も、澄んだ水の中をゆうゆう!

  根津神社とツツジ山の間に、池があります。大きな鯉と亀がゆうゆうと泳いでいました。 不忍池あたりと違って、湧き水を流し込んでいるのか、水が澄んでいて、根津神社の荘厳さとマッチしていました。ツツジ山にある稲荷神社の赤が目立って見えました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮古の秋刀魚が、我が家に来た!!!!

    待ちこがれていた、「宮古のさんま」。先日の「目黒のさんま祭り」では、都会の人に食べてもらおうと、行列を断念した宮古人。 宮古に居た時、一生分食べたとは言って強がったものの、「宮古のさんま」は脂が乗っているし大きいし、「あー誰か宮古から送ってくれないかなあ」と思っていました。 今日宮古の従兄弟が「宮古のさんま」を届けてくれました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年初物、「生さんま」は、やはり「ワタ」が最高でした!!!

 地球温暖化による異常気象、異常海流で、今年は「秋刀魚」が不漁というニュース。三陸沖では、暖流域に住む魚が獲れているらしいです。 先日我が故郷「宮古」に初水揚げされた二十トンの「秋刀魚」が全国版のニュースになるのですから異常です。 そのせいか御徒町「吉池」には、まだ「宮古」ブランドは出ていないですが、北海道産「生秋刀魚」が300円/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more