テーマ:料理

「激安タラバ」だけど、身はたっぷりでした!

  近くの、激安スーパーで出物を見つけました。生の「タラバカニ」2肩で、900円以下でした。結構大きな脚でしたので、普通のスーパーなら2倍以上の値段になると思います。小さな方の肩を、茹でてみました。捌いてみると、身の入り方はGOODです。捌いた身は、家人の母親のためにパックにしました。家人の母は、今、グループホームに入っているのです…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

ほったらかし自然栽培のヨモギ、マクロ草餅で力量発揮!!!

  猫の額の庭には、春になると雑多な植物がどんどん生長し始めます。この間の「蕗の薹」が出ていた場所には、もう「野蕗」が葉っぱの傘を広げ始め、「三ツ葉」は至るところに陣地を広げています。最初から自生していた「ヨモギ」も負けてはいませんね。がんばって勢力をのばしています。そんな「ヨモギ」が自己主張するのは、やはり「草餅」です。我が家のマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「凍み大根」、岩手の極寒の冬が生んだ自然保存食

  私の田舎の味噌汁の具、「凍み大根」は懐かしい幼いときの味です。宮古で、祖母が良く作ってくれた味噌汁は、「凍み大根」と「油揚げ」。「凍み大根」は、岩手の極寒の冬、山を流れる手の切れるような冷たい小川の中に、大根を浸し凍らせ、そして寒風でほす。厳しい自然との共生を強いられた人々の生きる知恵から生まれた保存食です。そんな食材ですが、今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マクロビアンの健康デコレーションケーキ、美味しかった!

  我が家のマクロビアンが、健康デコレーションケーキを作りました。牛乳、バター、卵、精糖などは一切使わないマクロのデコレーションケーキです。 「スポンジケーキ」は、地粉、全粒粉、米飴その他の材料で、しっとり焼き上げ。デコレートする「クリーム」は、豆腐、メープルシロップ、米飴、甘酒、玄米ポン煎餅などが主材料なそうです。上の「キウイ」を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懐かしい「パン焼き器」、いわて銀河プラザに登場

  先日、「いわて銀河プラザ」で、昔懐かしいものを発見しました。私が小さいとき、宮古で、祖母が自家製?のパンを作るときに使っていた「パン焼き器」。昔祖母が家で使っていたのはジェラルミン製だと思ったのですが、「いわて銀河プラザ」で、実演展示していたのは「南部鉄器」でした。 ジェラルミン製の「パン焼き器」は半世紀以上前の事。当時は、当然…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大船渡の新鮮ホタテ、活きホタテ焼きを無料でいただきました!!

 「いわて銀河プラザ」リニューアルイベント その3. 「大船渡生けホタテ焼き」の振舞。 PRが行き届いていないのか、行列は10人程度でした。炭火で、大船渡で育てた「ホタテ貝」を焼き、無料で振る舞ってくれました。えーこんな新鮮な「活きホタテ」の貝焼きなんて、都内の居酒屋で食べたら、500円以上はする代物。今日は、ジューシーで美味しい、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩手銀河プラザ リニューアルオープン 自然栽培野菜!!!

  東銀座の「岩手銀河プラザ」が、リニューアルオープンしました。早速行ってみましたら、入り口で早くも感激。なんと岩手直送の自然栽培(完全無農薬)のお野菜がずらりです。やはり岩手の澄んだ空気の中で自然栽培されたお野菜なら、そのまま食べても安心。岩手銀河プラザが、そんな野菜の発信地になって欲しいと思っていたので、思わずニコリ。中に入った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鰹のシーズン。激安「中落ち」!

  もう鰹のシーズンですね。鰹は、「刺身」や「たたき」も美味しいけど、やっぱり「中落ち」がお酒には合いますね。近所のスーパーで見つけました。なんと鰹5匹分の中落ちがワンパック150円です。さっそく、甘辛に煮付けです。冬のような寒さですので、今晩は熱燗で一杯ですね。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

長崎産の「黒ムツ」、半値になっていました!

  夕方の鮮魚店は、値下げタイムですね。上野松坂屋でも、閉店間際になると鮮魚3~4パック一皿にして1,000円とかやりだします。半値以下になっていたと思います。 あの食品デパート「吉池」の鮮魚売り場も値下げするときがあります。「吉池」は加工部門をもっているから、刺身類を除いては、なかなか値下げシールが貼られません。 昨日19時近くに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「浄土ヶ浜」に自生する天然「まつも」はワシントン条約クラス!!!

三陸でしか採れない海藻「まつも」。この間、銀河プラザで釜石産の「生まつも」を紹介しましたが、あの「まつも」は三陸の海で養殖したものでした。 我が故郷宮古の天然自生している「まつも」を採っている漁師さんの写真を従兄弟が送ってくれました。なんと写真は「浄土ヶ浜」です。「浄土ヶ浜」にも自生しているとは思ってもみませんでした。でも考…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメ横仕入れの、激安巨大浅羽カレイ!!!

  3連休で、上野界隈は大変な混雑。御徒町吉池で、お魚を物色したのですが、獲物がなく?帰り道、アメ横へ。まるで年末の買い出しのような人出でした。お魚関係だけチェック。マグロやカニは、かなり前、あまり良くない物を買ってしまった失敗があるので、目もくれず。他の出物がないか探していたら、ありました。「巨大浅羽カレイ」です。一皿2匹で500…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待ち遠しい「浄土ヶ浜レストハウス」の開業

 我が故郷宮古の「浄土ヶ浜レストハウス」が、立て替え工事がほぼ完成して、もうすぐオープンになると、宮古の従兄弟が写真を送ってくれました。 「浄土ヶ浜レストハウス」には、いろんな思いでがあります。今は亡き父が、孫と一緒に「浄土ヶ浜」の内海で泳ぎ、その後レストハウスで、孫達が、磯ラーメンや焼きホタテにむしゃぶりつくのを、ニコニコしながら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マクロ仕立ての、「桜餅」 ご馳走様!

  我が家のマクロビアンが、「桜餅」を作ってくれました。当然ながらマクロ仕立てです。中の小豆は、有機小豆で、甘みは米飴のみ。道明寺粉でくるんであり、仕上げは、塩漬けの桜の葉です。甘すぎず、大人の味で、桜の葉の薄い塩味とマッチングしていて、美味しくいただきました。当然ながら、ご仏壇にもお供えしました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒かったけど、春の味、「焼き筍」

  今日は、冬の戻ったような寒さでした。けれど、佐倉では、もう、春の食卓です。佐倉に住んで良かったのは、ちょっと田舎だけど、その分、自然と、お野菜など農産物に恵まれていることですね。故郷、宮古は新鮮な魚介類や、山菜類など、まあ、佐倉とは全然違った環境にあり、季節毎の味覚を楽しめたのですが、こちらのような「筍」は、殆ど味わった事があり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青森直送の「桜鱒」、東北も春到来ですね!

  桜の季節が、もうすぐですが、その訪れを告げる東北の魚「桜鱒」が、東京にもやって来ました。京橋ちかくの「青森県特産品センター」で見つけました。青森の港からの直送品です。 「桜鱒」の他にも、ヒラメ、ソイ、カワハギ、ホウボウ、ヤリイカなど、鮮度抜群の魚が一杯。なけなしの、お小遣いをはたいて、当然ながら「桜鱒」、そしてカワハギを購入。都内の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

激安! 銚子の「背黒イワシ」 

  近所のスーパーで、また目玉を発見です。銚子直送の「背黒イワシ」。ワンパック27匹入っていて、60円ちょっとでした。1匹あたり2円ちょっとですね。可哀想なくらいです。すぐ塩をふって、ざるに広げ、寒風干しです。さっと炙ってお酒のおつまみに。海の幸を、こんな激安で提供してくれるスーパーに感謝ですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐倉は、もう「筍」の出番!!!

  えー!!! もう筍!!! 昨日まで雪まじりの雨が降っていて、気温も宮古の親戚に聞いたら、殆ど同じで凍えていたのですが・・・。 近くの、農産物産直店にいったら、なんと「筍」です。可愛いサイズですが、まぎれもない地元佐倉産の「筍」。やはり寒いとはいっても、宮古に比べて圧倒的に春の訪れは早いようです。「蕗の薹」も産直店にありました。我…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

大井町ラーメン横町、昔の風情はどこへ?

 半世紀以上前、ラーメンは一杯30円程度だったと思います。そのころから繁盛していたのが、東急大井町線大井町の駅からJR線陸橋を渡ってすぐ左手の「ラーメン横町」。家人は大井町線沿線で育った東京人だから、中学生の頃からこの「ラーメン横町」には来ていたらしい。そのころからのラーメン屋さんがまだ健在で頑張っています。半世紀以上同じ味のラーメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪混じりの小雨、それでもアメ横は元気

 今日も関東は、どんよりした曇り空で、凄い寒さでした。時折、小雨になり雪まじりだから本当は外出日和ではなかったのですが。帰りに、御徒町でおり、アメ横へ。混雑さは、相変わらずです。年末ほどじゃないけど、人を避けながら歩くのに苦労するほどです。しかも、日本語じゃない会話が多く聞こえてきますし・・・。「二木の菓子」入り口通りの角にある「屋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いよいよ、岩手早採りワカメしゃぶしゃぶのシーズンです

  まだ寒い盛りですが、あの冷たい三陸の海でもう春の息吹が。また発見です。ところは、去年と同じ、横浜西口地下の食品スーパーです。お魚屋さんが2軒以上競い合っていて混雑しているスーパー。「岩手の早採り生わかめ」がならんでいました。はるばる三陸の海から春の味が横浜に届いたという事です。我が故郷宮古でも、魚菜市場ではもう店頭にならんでいる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稀少価値「無農薬りんご」手に入れました!!!

  自然栽培の木村さんの講演会のあと、大栄公民館からちょっと佐原よりの「おかげさま農場」によってみました。我が家のマクロビアンご調達のお店です。私は初めてでした。バラックの建屋に、無農薬野菜と看板が表示してあります。家人とマクロビアンは野菜を物色。私も店内をきょろきょろ。あれ!カウンターの上に、林檎が並んでいる??!! 家人に言うと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成田山は「鰻」よりも「イナゴ」???

  成田山の参道の名物は、「鰻」、「佃煮」、「漬け物」、「羊羹」ですが、どういう訳か最近「甘栗屋」が多数進出していて、売り子さんが、うるさくてたまりません。「天津甘栗」と成田山が結びつくはずが無いのですが、人の集まるところには所かまわず出店しているようですね。せっかくの昔からの門前町の雰囲気を壊し始めているようで心配です。そんな甘栗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

珍魚「げんげ」は、ゼラチンたっぷり!!!

  以前、北陸に出張したとき、得体の知れない魚の、吸い物に出くわしたことがあります。 全身ゼラチンで覆われた奇妙な魚。故郷宮古は三陸のお魚が豊富で、お魚については熱帯魚を除いて、殆ど知り尽くしていると自負していたのですが、北陸で出会った奇妙なお魚には仰天。食べてみるとゼラチンがツルンとして、なかなかの美味。後で聞いたところ、「げん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今晩は宮古にはかなわないけど銚子直送「するめいか」と三陸の「生めかぶ」

  今日は天気が良いので、成田山にお参りにいこうと思っていたのですが、家人とマクロビアンが、講演会に出かけるとかで、留守番になってしまいました。そこで、晩の一杯飲みの「おつまみ」作成開始。材料は、これまた生鮮スーパーの食材。銚子直送の「するめいか」と、三陸の「なまめかぶ」。この間は、浅草で「なまめかぶ」を見つけて喜んだのですが、地元…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新鮮激安「いなだ」の刺身で今晩は一杯!!

  わが地元佐倉の近く、酒々井にある食品スーパー(千葉・茨城の地場スーパー)では、銚子港直送のお魚が中心で、安い掘り出し物が結構あります。今日は、なんと30センチ超の刺身に出来る「いなだ」が一本「180円」なりでした。当然購入し、早速まな板へ。一本物のお魚の捌きは、私の役目。出刃包丁で3枚におろし、半身は「お刺身」、半身は家人の「ム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「男の甘酒」、熟成の味は?! 寺田本家の味に変身?

  「男の甘酒」、熟成を期待して、冷蔵庫で1月2日から時々味わいながらも(大分少なくなってきましたが)、熟成を待って寝かしておきました。さあ、どんな味わいか? 一口味わったら、どこかで味わった味に似ている??? なんと、有名な自然醸造酒蔵である下総神崎「寺田本家」の発芽玄米酒「むすひ」とそっくりの味に変身している。むしろ「むすひ」の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「宮古風無添加手作りたくわん」が完成!!!

  お袋が漬けてくれた、あのしょっぱい「宮古風たくわん」が食べたくなって、昨年12月、自家製「たくわん」を漬けて見ました。お袋は、今、宮古の施設に入って寝たきりになっていますが、元気なころは、漬け物の達人でした。「たくわん」はもちろんの事、大根の「きっか漬け」など東京ではお目にかかれないような漬け物が、宮古の食卓にはいっぱいあった記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新春の「めかぶ」! 三陸の味「なまめかぶ」を浅草で見つけました。

  浅草の楽しみは、神社仏閣、仲見世、お食事の他に、もうひとつあります。食品スーパー「オーゼキ」を覗いてみることです。激安の生鮮食品スーパーチェーンの一つですが、雷門通りに面してお店を出しているので、浅草に行ったときは必ず覗くことにしています。今回は大収穫がありました。なんと「なまのめかぶ」があったのです。岩手産ではなかったのですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりの、「大黒屋」の天丼!!!

  浅草初詣のお楽しみは、お食事ですね。家人との話し合いでは、まず家人の大好きな天丼のお店「大黒屋」にいってみて、入れないようなら、「尾張屋」(老舗の蕎麦やさんで、やはり巨大海老の天丼や天ぷら蕎麦が有名)にしようと決めていました。仲見世から、横に入って「伝法院通り」へ。「大黒屋」が、見えました。案の定、行列が出来ています。これは「大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮古でしか入手出来ない究極のカレイ、「セーダガレイ」の登場です。!!!

  お正月なので、「なめた鰈」といきたいところでしたが、東京では売っているところが無かったので、とっておきの、「セーダガレイ」が登場。以前、宮古の魚菜市場で入手して、大事に冷凍庫で保存してあったものです。「セーダガレイ」の、本当の名前はしらないけど、1匹まるごと干してある、この種のカレイは、ほんとに、全国どこを探してもありません。宮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more