テーマ:生き物

我が家の「もっこうばら」が満開です!

我が家の「もっこうばら」は今が満開です。梅、桃、桜、山吹などの後を引き継いで、目を楽しませてくれます。 「もっこうばら」の後は、本格的に「バラ」の季節になります。「バラ」には、もう「アブラムシ」が来ていますが、家人やマクロビアンの指示で「殺虫剤」は、ここ7~8年使わず、もっぱら「木酢液」を希釈したものをスプレーしています。効き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐倉はまだ自然が残っています。近くの林に、「山藤」が咲いていました!

  佐倉は、大分開発されて自然は少なくなっていますが、昨日、遠くまで目をやって驚きました。近くの林に、山藤が咲いている ではないですか。遠くからみると淡い紫を纏った林が見えました。ああ、佐倉にも、まだ自然が残ってくれていたのだと、改めて安心しました。我が家の周辺にも風か鳥が運んだ植物が芽生えるし、佐倉も捨てた物ではないですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まさか「赤松」の子供ではないでしょうね。裏で芽生えた、「赤ちゃん松」

 我が家の入り口横には、形の良い「赤松」があります。30年以上前の夏、故郷宮古に子供達を連れていき、浄土が浜で海水浴をした帰り道、白い岩肌が一部崩れ、落ちそうになっていた小さな松の苗を可哀想なので持ち帰ったものです。故郷宮古から、はるばる千葉の佐倉までやって来て、もう30年以上、浄土ヶ浜の「赤松」は、すっかり佐倉の気候になれ立派…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風に乗って飛来した「ニラ」の子供が芽を出しました!

  猫の額の庭に、昨年植えたはずがないのに、「ニラ」が育っていました。きっとどこからか風に乗ってきた種が根付いたのでしょう。念のため、折って臭いを嗅いだら、まさしく「ニラ」でした。食べちゃうのはもったいないので、そっとして置いたら、そのうちに花が咲き、種が採れました。朝顔の種より小振りでしたが、黒い粒々の種が収穫できました。4月の最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京愛宕神社の「ほうづき」は、元気が良いです!!!

ほったらかしにしておいた、「ほうづき」の鉢。昨年6月末、東京愛宕神社の”ほうづき縁日”(江戸時代から続く、元祖ほうづき縁日)で入手した「ほうづき」。青い実をつけていたのを、神社の巫女さんがわけてくれていました。購入したあと、本殿でお祓いが受けられ、有名な浅草の「ほうづき市」とはまるっきり趣を別にした「ほうづき縁日」でした。我が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「北斎」の寺で入手した「白山吹」、成田山から来た「黄山吹」、咲きました!

  猫の額の庭の、「山吹」が咲きそろいました。上の写真は「白山吹」。白い花びらが4枚ですから、「白山吹」に間違いないと思います。この「白山吹」は、数年前、信州小布施町、「岩松寺」の境内で売っていた小さな苗が根付いたものです。「岩松寺」は、かの葛飾北斎の天井画で有名なお寺。「岩松寺」のあと、小布施市内の「北斎館」で『富士越龍図』を見て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さくらんぼの花咲いたけど・・・。実は生るかな?

 我が家の「さくらんぼ」の木、去年は初めて1~2輪、花が咲いて喜んだのですが、結局「さくらんぼ」は結実しませんでした。今年は、どうなるかと期待していたら、花が咲いているのを発見。「さくらんぼ」の花は、白っぽくて目立たない清楚な花なので、見過ごしてしまいそうです。でも数えたらやっと10輪近く咲いています。今年は「さくらんぼ」が実ってく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツバメ社会の事は解らないけど、巣の争奪戦か?

  昨日帰宅したら、家人が、夕方、ツバメが凄い勢いで鳴きながら巣の周辺を飛び交っていたと言います。ツバメがたくさん帰り始めて、この間から我が家の巣に戻ってきたツバメが、新しい嫁さんでも見つけたのかなと思ったのですが。ツバメ夫婦の写真をとろうと、軒先の巣をみたら、留まっているツバメの人相?が、今までのツバメと大分違うようです。(上の写…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気候変動??!! 雪が今降るなんて?

  佐倉では、先週からチューリップ祭りが始まり明日で終了となります。そんな時、真冬に逆戻り。今朝からみぞれ混じりの雨が降っていたのですが、突如「ボタン雪」に変わりました。近くの畑は真っ白。先週チューリップ祭りで買ってきたチューリップも雪をまとい始めました。 チューリップだってびっくりしていますよね。これも気候変動の影響なのでしょう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「鵜」が日向ぼっこで、「カモメ」が飛び交う、良い昼食場所です。「隅田川テラス」

 晴れた水曜日、また「潮の香り」が嗅ぎたくなって、「隅田川河口」まで昼出かけました。公園になっている堤防は「隅田川テラス」と看板がありました。今回は、近くにコンビニで、お弁当を買い「お花見」ならぬ「河見」弁当です。「潮の香り」をのせた良い風が吹いてきて気持ちがすっとしました。ちょっと上をみると、「鵜」が今度は5羽近く、「カモメ」も一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帰ってきた旦那ツバメ、嫁さんツバメはまだ来ない???

  先週の日曜(4日)、去年一家揃って電線の上で、出発の挨拶をして旅たったツバメ一家の空き家に、ツバメが一羽帰ってきました。通説によりますと、雄のツバメが4~5日前に帰ってきて、その後、雌のツバメが帰ってくるといいます。でも夫婦そろって帰ってくるのは1割程度で、離婚率?は大きいらしいです。 1週間たったのですが、いっこうに雌のツバメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

潮の香りにつられ墨田川河口へ、「鵜」も羽を広げて「お花見」?

  8日は良く晴れていたので、昼休みいつもと違う方向に散歩。鉄砲洲のあたりまで歩いたら、懐かしい香りが風に乗ってきました。「潮の香り」です。「宮古の海の潮の香り」とはちょっと違うけど、確かに「潮の香り」。海が相当近いと思い、「潮の香り」のする方に急ぎ足で歩いていくと、公園になっている小高い防潮提にたどり着きました。小高い公園に入って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日の弾正橋公園の「ソメイヨシノ」

  昨日は大分暖かく、「ソメイヨシノ」も満開を過ぎて、ちょっと散り加減。でも桜の花びらが時折舞う景色はなんとも色っぽい感じですね。(年寄りの戯言?) 京橋から海側に少し歩いた、鍛冶橋通りにある「弾正橋」。片側が小さな公園になっていて立派な「ソメイヨシノ」が咲いています。桜の幹の太さや、肌の様子をみると、相当のお年のようですが、見事な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐倉の桜、堀田邸も佐倉城趾もみんな満開!!!

  佐倉の桜は、いたるところ満開です。都心の桜と違って、多少自然とのマッチングが良いかなあと思っています。 お勧めは、佐倉の城主だった堀田氏の屋敷の庭で見る桜。いまでも綺麗に手入れされている庭で見る桜は格別です。もちろん宴会なんて無しです。傍らの堀田邸の雰囲気とバランスのとれた庭にさく桜は、静かに見るには最高だと思います。 佐倉のお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が家の「ソメイヨシノ」、独り占めです!!!

  我が家の「ソメイヨシノ」も満開です。この「ソメイヨシノ」は、10年以上前、茨城の神栖市の神之池の桜祭りで頒布していた小さな苗をもらって植えたものです。小さな「ソメイヨシノ」の苗を、後生大事に抱え、バスで鹿島神宮駅まで行き、それからJRで佐倉まで持ち帰り、庭に植えた記憶があります。神栖地区で長年単身赴任して勤めた記念の桜だと自分で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銀座の桜、そして銀座の柳 うらやましい 

 昼休み、東銀座方面へぶらぶら。久しぶりに晴れた昼休み。桜はもう8分咲きぐらいになってきました。銀座と築地を挟む地下高速道路の上の公園です。8分咲きになった銀座の「ソメイヨシノ」と、なんと「銀座の柳」が仲良く肩を並べています。銀座のこんな公園で、帰り際、桜と柳を愛でて一杯やれる諸氏がうらやましき限りです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪ちらほらの都内、寒さの中の桜

 東京でも、冷たい小雨に雪が混じったりして、とんでもない寒さです。開花宣言のあと、一日たりとも、お花見日よりは訪れていません。このまま、桜が散ってしまうのではないかと心配。どだいこの頃天気予報があたったためしはありません。それほど予測できないような異常気象?の時代になってしまったのでしょうか。この調子では、桜の木の下で座り込んで、日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸川べりは、良い風が渡っていました。

  学生時代のクラブの後輩が、国府台近くで個展を開催していたので出かけました。某美大の日本画を出た女性画家です。大学は違っていたのですが、クラブは一緒に活動していて、田舎も岩手三陸海岸の出身ということで、個展の案内をいただくと必ず出かけることにしています。彼女の描く日本画は、凄い鬼気迫る絵で、見るたびに圧倒されます。美術のことは素人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「蕗の薹の花」が咲きました!!

  我が家の自生「蕗の薹」、今年も「天ぷら」や、「ばっけ味噌」で、春の味を楽しませてもらいました。全部食べちゃうのは可哀想なので、1個残しておきました。 朝、気になって見てみたら、可愛い花が咲いていました。今までは食欲につられて全部食べてしまっていたので、「蕗の薹の花」を見ることは無かったのですが。こんなに可愛い花とは思いませんでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだ固い蕾、我が家の「ソメイヨシノ」

  昨日のニュースでは、もう東京の「靖国神社」の桜が二輪咲いたそうです。でも東京の「開花宣言」は持ち越し。天気が良いので、今日明日あたり「開花宣言」になるかも知れませんね。我が家は、「梅」の花はもう散ってしまって、「桃」はまだ満開、「こぶし」の花は盛りを過ぎて、次は「ソメイヨシノ」の登場を待つのみです。ところが、佐倉は結構寒いので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外来種?!根付いた草花も一斉に開花!!!

                       (水仙、ムスカリ)  猫の額の庭に、根付いてしまった草花。一斉に咲き始めました。華やかな装いで、見ていて綺麗だけど、殆どが、外来種ですよね。木はかろうじて、梅、桃、ソメイヨシノと、和種がきちんと自己主張していますが、草花は・・・。 以前和種の水仙を植えたのですが、根付きませんでした。和…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭の桃の花、一輪咲きました!

  5日の、まったく初夏を思わせるような暖かさから、一転、昨日も、今日も冬に逆戻り。予報では、夕方から関東南部でも雪がふるかも知れないとの事。宮古の従兄弟に聞いたら、故郷岩手の内陸部では数十センチの雪が降ったというから、東北ではまだまだ本格的な春は遠いのでしょう。我が家の小さな梅の木は、もう満開です。隣り合っている、桃の木の蕾が、大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桃の花の蕾をついばみに来た?「ひよどり」

 「ひよどり」の狙いは、桃の花のつぼみ だったのでしょうか。やっと色づき始めた桃の木の枝に、また「ひよどり」がやって来ました。固い桃の花の蕾が餌になるのか?または通り道なのか不明です。いずれにしても、野鳥さんたちの千客万来は、大歓迎です。農薬も化学肥料も使っていないほったらかしの草木だから、野鳥さんたちも安心ですね。 ところで、今年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ヒヨドリ」は何を食べに来たのでしょう?

  昨日、今日と、猫の額の庭に、「ヒヨドリ」が、一羽訪問してきました。この辺は、結構野鳥が、顔を出すことが多く、「雀」、「セキレイ」は当然です。「メジロ」や「ヤマガラ」が来訪したときは、大急ぎでデジカメで撮影しようとするのですが、なかなかうまくいきません。「ヒヨドリ」は人慣れしているらしく、撮影できました。何を食べにきているのか、同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

"AJI"という名のだみ声の猫

  だみ声で鳴く黒猫、名前は”AJI”と言います。都内で一人暮らししている家族の家の住人です。この”AJI”が「にゃーん」と鳴くのを聞いたことはありません。いつも、だみ声で表現のしにくい鳴き声です。真っ黒で、動きは早く、この冬の居場所はテレビの上。見慣れない親爺がきたので警戒と興味深々の様子。我が家でも、何年か前、「ネリー」という三…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more