アクセスカウンタ

ありのまま、自然に

プロフィール

ブログ名
ありのまま、自然に
ブログ紹介
岩手は宮古の出身
故郷を離れて半世紀
故郷を思いつつ帰れず
地球の危機が迫る中、岩手の暮らしが
いつも脳裏によみがえる
”岩手が地球を救う”と信ずる青年!の徒然日記

zoom RSS

家人の経過良好でありますように! 宗吾霊堂、成田山にお参り

2017/11/12 14:39
画像
  京成佐倉駅前は時代まつりのPR
画像
   宗吾霊堂は虹のマルシェでした
画像
   成田山新勝寺は菊と七五三
画像
   うなぎの川豊は行列
  家人の治療も順調に進んでいて、少しほっとしているところです。病気平癒をお願いしたところに再度順調に回復してくれるようにお参りに行きました。ちょうど11日は佐倉では佐倉じだい祭り開催で、京成佐倉駅前では、かわら版売りの姿で案内状を配布してました。まずは、宗吾霊堂へ。ちょうど虹のマルシェが開催中でした。静かな境内でゆっくりお参り。その後成田山新勝寺へ。こちらはいつもながら人出が多いですね。七五三シーズンで和服で正装した子供たちが両親に連れられてお参りしている姿が目立ちました。菊祭りの最中で素晴らしい菊が境内に展示。新勝寺さんにお参りしたあと食事はウナギかなあ?と思ったのですが、川豊は満員行列。我が家のナチュラリストが探してあった健康レストランもいっぱいということで、なんとベトナム風フレンチ?のお店でランチ。不思議なフレンチでしたが美味しかったです。愛する家人や家族と外で食事できるのは幸せです。家人が心配なく平癒してくれるよう祈ります。飲兵衛親父も年老いたりとも言えどもうひと踏ん張りもふた踏ん張りも頑張らねばと誓いました。   
にほんブログ村
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


あの山田線がやっと開通  故郷宮古への鉄路

2017/11/03 11:25
画像
  岩手日報ネット版から借用
  故郷宮古に帰るときに利用していたJR山田線(盛岡〜宮古)は宮古市門馬(かどま)の土砂崩れによる脱線事故からなんと約1年11カ月ぶりに開通したというニュースを岩手日報ネット版で見て安堵しました。盛岡〜宮古間は現在バスが頻繁に運行されていて不便はないのですが、飲兵衛親父が帰郷するときは、ほとんどJR山田線を利用してました。なんといってもトイレがついてるからです。バスだとトイレ休憩めで我慢しなければならないですから。山田線は蒸気機関車のころから父母に連れられて盛岡に出かけるとき利用してました。震災後宮古〜釜石の山田線は閉伊川の鉄橋が流されてまだ復旧してません。東京オリンピックや国防費で税金がとんでもないくらい使われてるけど、故郷の復興にまわしてもらいたいですね。 山田線開通で安心して宮古に帰ることができます。  
にほんブログ村
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


あの時代 もう返らないけど 気持ちだけは蘇った一瞬

2017/10/02 19:16
画像

  あの時代、田舎で東京にあこがれていた少年時代。蘇りました。神保町シアター。映画館通いした中学時代。日活アクション映画の全盛期。とりわけ赤木圭一郎の大ファンだった飲兵衛親父は喜び勇んで神保町シアターへ。同じ年頃の老人がちょっとだけ行列。シアターの中の壁面には赤木の主演映画のポスターがずらり。赤木がまだ売り出したばかりのモノクロの映画「大学の暴れん坊」(赤木圭一郎、葉山良二、芦川いずみ、稲垣美穂子懐かしいスターばかり)見て、東京に出ればきっと素晴らしい事があるだろうと夢見てた時代です。あの時代、もう返らないけど、神保町シアター出たときは胸をはり、杖使わなくとも足取りが軽くなってました。でも御茶ノ水までの坂上るときはもう息切れしたました・・・。 
にほんブログ村
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


生落花生と牛筋の味噌煮込み  飲兵衛親父の酒の肴

2017/09/18 08:17
画像

  落花生が収穫の時期、地元産の生落花生は茹でて食べると美味。今回は茹でた生落花生を使って、牛筋と一緒に味噌煮込み。牛筋も柔らかく、生落花生の食感も良し。ハイボールが美味しく飲めました。 
にほんブログ村
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


目黒のさんま祭り 大盛況! 山本市長も、宮水生も大活躍

2017/09/10 13:44
画像
  山本宮古市長が開店前の物産店に檄
画像
  宮古水産高学生さんは水高製「さんま缶づめ」販売 安くて美味しい!
画像
  炭火焼きの準備中
画像
  行列先頭は徹夜組?
  久しぶりにブログアップします。なんやかやとありまして、本当に久しぶり。今日は目黒駅前で「目黒のさんま祭り」が開催されました。さんま不漁の中、故郷宮古市ではなんと7,000匹のサンマを提供。例年の行事だから故郷宮古も大いに発奮してますね。なにしろ都内のサンマ祭りは宮古のサンマから始まるのですから。山本市長も大漁旗の半纏着て、大張り切りでした。震災時も凄い努力をしてくれた市長さんには、まだ復興途中の宮古のためにまだまだ力を発揮していただきたいですね。宮古水産高校の学生さんは今年も水産高校製のサンマの缶詰め販売してました。飲兵衛親父も6個で1,000円買いました。美味しいですよ。サンマ炭火焼きは楽しみにしている東京の皆さんに譲って、サンマの缶詰め買って帰りました。  
にほんブログ村
記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


旬のイワシは梅酢煮で骨まで柔らか  お酒のつまみに最高

2017/07/16 09:01
画像

  梅雨時期だけど猛暑日が続いて梅雨はどこかにいってしまったようなこの数日。イワシが旬を迎えていて丸々太った銚子港水揚げの獲れたてが手ごろなお値段でスーパーに並んでいます。大きなイワシ6本230円のパックを購入。2本は塩焼き、2本は刺身、残った2本は梅酢煮に挑戦です。我が家のナチュラリストが漬けた自家製梅干しの梅酢を使ったイワシの梅酢煮です。イワシは頭とワタを除いて食べやすい大きさにカット。梅酢と甜菜糖ほぼ等量に日本酒加えて煮ました。さてお味はあっさりしていて、骨まで柔らかくお酒のおつまみに最高。普段はイワシを食べない闘病中の家人もカルシウム補給にもなると食べてくれました。またイワシ並んでいたらゲットしましょう。  
にほんブログ村
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


本まぐろ骨付きなかおち  安くて美味しくて

2017/07/02 06:07
画像

画像

  先日あるショッピングセンターへ。飲兵衛親父は必ず鮮魚売り場チェックすることにしてます。目を疑ってしまったのですが、大きな本マグロの骨付きなかおち売ってました。しかも生食用です。値段も300円程度。身をこそぎ落したら大分量がありそうなので早速購入です。スプーンで中骨からきれいにこそぎ落した本マグロの赤身。たっぷりあって、口にいれると適度に脂があって最高の一品でした。お酒が進みました。今度みたらまたゲットですね。   
にほんブログ村
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

ありのまま、自然に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる