潮の香りにつられ墨田川河口へ、「鵜」も羽を広げて「お花見」?

画像

  8日は良く晴れていたので、昼休みいつもと違う方向に散歩。鉄砲洲のあたりまで歩いたら、懐かしい香りが風に乗ってきました。「潮の香り」です。「宮古の海の潮の香り」とはちょっと違うけど、確かに「潮の香り」。海が相当近いと思い、「潮の香り」のする方に急ぎ足で歩いていくと、公園になっている小高い防潮提にたどり着きました。小高い公園に入ってみると、なんと目前に「隅田川河口」が広がっていました。「隅田川」沿いの桜、高層マンション、そして多分浅草から出てきた「水上バス」、その先は海です!!。ビルと雑踏からそんなに離れていないところに、水と空とが一杯に広がって、カモメが飛んでいるところがあるとは思っていませんでした。しばし河口を眺めて、ふと上をみたら、カモメに混じって「鵜」が日向ぼっこ しています。「鵜」は羽根を一杯に広げて首を伸ばして気持ちよさそうです。多分水中で餌採りして濡れた羽根を乾かしているのかも知れません。東京の自然もまんざらではないですね。また天気の良い日は、潮の香りを吸いにくることにします
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック