黒メヌケ、煮付けが最高! 残りは三五八漬け!

画像

 上野は、アメ横。私は、カニとマグロは買わないことにしているゾーンです。他のお魚などは、色々お買い得にぶつかることがあります。写真は、型の良い「黒メヌケ」。3匹一山で500円。アメ横の雑踏の方々は「黒メヌケ」より、鱈や鯖などに興味があるらしい。私は「メヌケ」の文字に釘漬けです。「メヌケ」って言ったら、今は高級魚の代名詞ですが、昔、宮古にいたときは、たびたび、祖母が、煮付けにしてくれた事がありました。当時の宮古でも、煮付けにして美味しい魚は、「メヌケ」そして「めいせん」(キンキ)が横綱級といわれていました。宮古を離れてから、「キンキ」は、大型は手が出ないほど高価ですが、ちっちゃな「キンキ」は手頃な価格で売っていることがあります。たまには、煮付けにしたり、塩焼きにしたりで味わうことができますが、「目抜」は、吉池でも殆どお目にかかれず、たまにあったとしても、切り身一枚が、千円ちかくと手が出せない状況。そんな「メヌケ」が3匹で500円とは、目を疑ってしまったのです。ところが、私の知っている「メヌケ」は魚体が赤い「メヌケ」、目の前にあるのは、黒っぽい。 「黒メヌケ」と書いてあるから、文字通り黒いわけです。迷ったあげく買ってしまいました。もちかえり捌いてみたら良い感じですね。お魚を捌いたことがある人は、捌いたときのお魚の身と包丁との微妙な感覚で、お魚の脂の乗り、身の美味しさが、食べる前に想像できると思います。これは、やはり「煮付け」が最高だろうと、1匹は煮付け用に。もう2匹は、三五八漬けにしたら高級料亭だと思い、三五八漬け用におろしました。「黒メヌケ」の煮付け(下の写真)は、予想通り、脂が乗った上等の白身が口の中でホクッと・・・。家人達にも好評でした。あとの「黒メヌケ」は、今冷蔵庫の中で、三五八漬け真っ最中。これも楽しみです。赤いメヌケじゃなかったけど、メヌケと名前がつくお魚は、半端じゃなく美味しい事を認識しました。今度出ていたら、また買いですね。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック