まさか「赤松」の子供ではないでしょうね。裏で芽生えた、「赤ちゃん松」

画像

 我が家の入り口横には、形の良い「赤松」があります。30年以上前の夏、故郷宮古に子供達を連れていき、浄土が浜で海水浴をした帰り道、白い岩肌が一部崩れ、落ちそうになっていた小さな松の苗を可哀想なので持ち帰ったものです。故郷宮古から、はるばる千葉の佐倉までやって来て、もう30年以上、浄土ヶ浜の「赤松」は、すっかり佐倉の気候になれ立派な姿で目を楽しませてくれています。「赤松」の木肌を観ていると、浄土ヶ浜の景色が目に浮かびます。 今日、家の裏の雑草をとるので、視線を低くして動き回っていたら、なんと「松の赤ちゃん」発見です。どこから種が飛んできたのでしょう。まさか家の入り口の「赤松」の種ではないと思いますが。しばらく様子を見れば、どんな松の子供かわかると思います。楽しみです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック