「オペークペン」でポジ作成が「シルクスクリーン印刷」のスタートですね

画像

  年賀状シーズンで、飲んべえ親爺もあまり昼から飲んでいるわけにもいかなくなりました。この間は、池袋「東急ハンズ」で、シルクスクリーンインキを購入したので、早速図案の決めと製版用ポジの作成に入りました。図案は、飲んべえ親爺だけで決めずに家人とマクロビアンのご指導を受けます。図案がやっと決まり、製版用ポジの作成。これは、例のベンガラインキの「オペークペン」を使います。一昨年新宿「世界堂」で買った「オペークペン」を使い切ったので、今回は、ネット通販で買いました。佐倉から新宿まで往復すると2,000円近くかかるけど、ネットでは送料500円ちょっとで良いので、助かります。注文して3日後には到着しました。(上の写真) 「オペークペン」を使って、OHP用フィルム図案を書き込みました。版が良く抜けるよう、光に透かして薄いところを修正したり、飲んべえ親爺としては細心の注意をはらって、ポジ完成。 感光を避け、薄暗いところで、印刷用枠に、「東急ハンズ」で買ってきたシルクスクリーンを貼り、紫外線ランプで感光。すぐ水洗現像。 飲んべえ親爺の製版はどうにか抜けもよく出来たようです。でも、これからの印刷がまた大変なんです!!! 今日は製版まで。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック