九十九里のガラス工房 SGHR(菅原工芸硝子)はショールームもカフェもオリジナル硝子でいっぱい

画像
  右手ショールーム、奥は工房
画像
  ショールーム内部
画像
  オリジナル硝子器でいただけるカフェ
画像
  川越のビール「KOEDO」をオリジナルグラスで
画像
  ベイクドチーズケーキも素敵な硝子器で

  茂原の後は、ナチュラリストの案内で九十九里方面へ。何があるんだろうと思っていたら、小さな工場が集まっている地域、硝子工房がお目当てでした。有名な(飲兵衛親父は知りませんでしたが)SGHR(菅原硝子工芸)の工場とショールームがあるらしいです。解り難かったのですが、SGHRに到着。ショールームの奥に工場があり、予約すれば見学や製作も出来るらしいです。ショールームにはオリジナルのガラス器がいっぱい。でも結構お高い値段です。飲兵衛親父には墨田ガラス市のアウトレットガラス器が似合ってますけど。いったん出て併設されているカフェで一休み。でもこれがSGHRさんの上手いところかな?飲み物やケーキやお食事が盛られているのは全てSGHRオリジナルのガラス器。なんとも飲み物もケーキもとても美味しく見えます。その結果、案の定、家人とナチュラリストは、再度ショールームに戻って、高価なガラス器を購入してました。トホホ・・・。   
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック