家の裏に、「猿の腰掛け」が登場

画像

  家の裏は、驚きの連続です。また良く観察したら、えー「猿の腰掛け」じゃないですか。伸びた木を切って放置してあったのですが、「猿の腰掛け」がぞろぞろです。小さな「猿の腰掛け」が重なり合うように出て来ています。昔、宮古に居たとき、魚菜市場で地べたに店を広げている農家のおばさんが、数十センチはあろうと思う「猿の腰掛け」を売っていたことがありました。ちょうど、「猿の腰掛け」の多糖類が癌に効くと騒がれ始めた頃でした。我が家の「猿の腰掛け」は、そんな大きい「猿の腰掛け」に比べたら赤ん坊以下の大きさ。どれだけ成長するかわからないけど、松の赤ちゃんと同じで、しばらく観察ですね。どこから「猿の腰掛け」の胞子が飛んできたかこれも不明です。どうせ飛んでくるなら赤松の近くに「松茸」の胞子が来てくれるか、まだ「椎茸」の胞子が飛んできてくれれば良かったけど・・・・。

"家の裏に、「猿の腰掛け」が登場" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント